ヤマキ

メガロス

  • ">

旨いもの探検隊

  • ">

和雑貨 中川政七商店

  • ">

カレコ

日経

  • ">

47CLUB

ミナワリ

  • ">ミナワリ

肉まん

  • ">

ゼリー

  • ">

ジュンク堂

  • ">

スーパー

  • ">

チーズ

  • ">

最近のトラックバック

« 2008年9月 | トップページ | 2008年11月 »

2008年10月

現実世界の夢

さてさて、予告してからずいぶんになってしまいましたがそろそろ夢と魔法の続きの夢をご紹介

Ratatuiyu このラタトゥイユを出すのは「GRILL&PASTA 一魂」、南柏で見つけたイタリアンです。

初めて食べたときに惚れこんで、翌日もう一回行ってしまいました。そしてTDSの後に3度目の訪問です。

マダムが覚えていてくれて「ラタトゥイユ、ありますよ」と声をかけてくれたのが感激コースに単品で付けてしまいました。

Hannbagu 今回の目的は「GRILL」、パスタが美味しいのは前回2回で充分に分かったので。ガッツリお肉に行きたいところですが、ハンバーグの方が好きな同行者に選択権を譲ります。

う~ん、お見事。そしてこの付け合わせのズッキーニにかかっていたブルーチーズのクリームソースの美味なことったら・・・デミグラスソースも濃すぎず薄すぎず、本当にここは「ギリギリ」の味付けなんですよね~。

Tomatososu あんまり「トマトソースが凄い」と言っていたものでシェフが特別にトマトとバジルのシンプルなソースのパスタを作ってくれました、まさにストライク!ど真ん中です

もとは定番メニューにあったのに、シンプル過ぎて損した感があるらしく、不評でメニューを下されたのだとか・・・でもこのソースは何も入れずに充分美味しく頂けるというよりは、何も入れない方がそのものでいいと思うんだけどなぁ。

頼めばやってくれると言質を取ってまたの機会をうかがう私です。

食べるものに関しては現実世界にも素敵な「夢」がありました、素敵な素敵な一日をありがとう。

「わさびや」の

Oyaki 信州長野と言えばおやきでしょう、と意気揚々と出かけて行った会社の同僚のお土産。

「わさびや」というお店で買った野沢菜おやきです

この店名とおやきを買ってくる予告をかけあわせて「わさびおやき」だと思い込んでいた子もいたほどの紛らわしさ、でも中身はしっかり野沢菜でしたよ。

Oyakikemuri カメラが曇るほどにしっかりと蒸していただきました、そば粉入りという皮はしっとりむっちり、野沢菜はやさしい味付けでした。

ご馳走様です

届きました

Garigari これこれ、ガリガリ君リッチのチョコで当たったTシャツです!

もうそんな季節でもなくなっちゃいましたけど、でもすごい!当る人いるんだな~と改めて。

ローマ字のIがアイスキャンディになっていて順番に減っていくところがオシャレ

黄金に輝くガリガリ君、リッチなだけありますな・・・

あ、確か今日は美味しい物のご報告のはず。また改めて~

“夢と魔法”のパン達

Dexizuniyakei 現実逃避?いやいや、たまには夢と魔法の世界に行かないと

久しぶりに歩いてクタクタになりましたが、苦手のジェットコースター系もなんだか分からないうちに2回も乗ったりしてものすごい満喫ぶりでした。

園内ではNYなんとかといって世界のファーストフードを食べ歩くような催しが・・・たとえばインドは「ナンドック」、日本はなぜか「あんこ白玉」、ラリー帳まで発売されてさすがです。

Dexizunidog 私が食べたのはやっぱり小麦もの、メキシコの「チョリソードック」です。なんてことないホットドックのようですが、ピリ辛。普通に辛くないのも売っていたので苦手な方はそちらでね。

Dexizunigyouza お約束の「餃子ドック」、中の具が一度餃子の皮に包まれてからさらに中華まんの皮に包まれているのがポイント・・・なのかしら。餃子の皮の存在の意味が少々不明なところがありますが、夢と魔法の王国ではなんでもおいしく感じるから不思議です。それが魔法なのかしら??

Dexizunipann 「じゃあそろそろ食事・・・」と思ってうっかり入ってしまったパン屋さん

本格的にパンとなると魔法には掛かりきれませんでしたが、業態もありなのね~、とパンの地位向上にニヤリです。

イタリアパンフェアとかやってくれたらいいのになぁ、あの辺りイタリアの街並みだから。

王国を出てからもまた夢の続きでした、それはまた明日。

今度はプリッツ♪

東北土産、第二段。

Zunnda2shu ずんだ豆とは枝豆をつぶしたもの、豆を打つ「豆打(ずだ)」がなまって「ずんだ」になったのだとか・・・そんな豆知識も書いてあるパッケージに包まれていたのはプリッツでした。

小さなプリッツというだけあって本当に短いの、昔のケロッグのバラエティパックみたいな大きさです。

じゃがりこより枝豆風味かも・・・う~ん、お見事。

いつもありがとう

カラっ!!

Tousetumenn2 刀削麺ってご存知ですか?読み方は「とうしょうめん」それとも「とうせつめん」?

どちらかというと前者だと思うのですが・・・確かいままで食べに行っていたところでは「せつ」と言っていた気がするのです。はて??

上野で「とうしょうめん」の看板を見つけて、いままでのものとどう違うのか気になって食べてみました。う~ん、やっぱり違うかも・・・今回食べたほうが柔らかくて手で削った感がありました。

Tousetumenn1 Tousetumenn3

左が今日の、右が今までの。見比べても・・・やぱり今までのほうが工業感ありますよね。そもそも違うものだったりするのかしら。

今日のところはすみません、そのうち調べてみます。

それにしても・・・本場の辛いスープのなんちゃらかんちゃらを頼んだのですが、エライ目に遭いました

秋ですね

Matutake Matutakesaki

韓国からマツタケが届きました。

毎年いただくこの味に「秋」の訪れを感じます。

今年もありがとうございました。

最強のパン?

Pann 人形町にある「PIZZA DA BABBO」で「自家製薪窯焼きパン」を発見!

もちろんイタリアンを食べに行ったのですが、やはりどうしても見逃せません。これ、すごい固いんです。たぶん一昔前のミステリー小説の凶器になったフランスパンはこの位固かったねっていうくらい、だって叩くと「コンコン」っていうから

切ると中からはモチモチのクラムが・・・ギャップにさらに驚きです。

Ika_2 もともとは余ったピザ生地を利用していたのだそう、どうりでソースとの相性がいいはずだわ、という邪魔しないお味はまさに食事パンです。

自慢のナポリピッツァももちろんおすすめ、中でも「オリベッラ」の角切りトマトは絶品です。

Pizatomato Piza 浜松の契約農家から直接仕入れるこだわり品で「夢とまと」というフルーツトマトを使用しているそうです、ほのかな甘みとマイルドな酸味がルッコラの苦味とともに水牛モッツァレラに包まれてまぁるくなります。

ちなみに、パンはテイクアウトも可能。持ち帰ったパンを焼き戻して食べたら・・・なんだか顎が疲れました・・・。でもおいしかった、シアワセ

« 2008年9月 | トップページ | 2008年11月 »

2021年11月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
無料ブログはココログ