ヤマキ

メガロス

  • ">

旨いもの探検隊

  • ">

和雑貨 中川政七商店

  • ">

カレコ

日経

  • ">

47CLUB

ミナワリ

  • ">ミナワリ

肉まん

  • ">

ゼリー

  • ">

ジュンク堂

  • ">

スーパー

  • ">

チーズ

  • ">

最近のトラックバック

« 太陽の「W」トマト麺♪ | トップページ | パン・ぱん・pann »

ハンバーガーバンズとしてのパンの在り方

123 R-S(アールズ)に久々行ってきましたZopfのハンバーガーバンズを使っているグルメバーガーのお店、約1年ぶりだということに店内のハロウィーン装飾を見て気が付きました。ご無沙汰しすぎ…。

Zopfが行列で入れないパン屋さんになってしまったからね~、と恨みがましいことを言う私だって、雨の中で隣の鶏屋さん超えて並んでいたんですよ!だからと言うわけではなく、今回は初めからここを目指していたのですけどね。

124 上がツレのベーコンチーズバーガー、下が私のハンバーガーにトッピングのトマトソース

トマトソース、うま~です。でも…やっぱり一魂のは濃いね、ここのは透明感のあるうまさでした。

1241 断面図…モリモリのトマトソースに若干苦戦しましたがやっぱりおいしいパティ、食べ応えありです。

くるくるポテトは冷めてもカリカリ、どこぞの揚げたてが命のFFとはわけが違います

総合的には大満足なのですが、一点とても気になったのがバンズの存在感。ありすぎでないかい?

特に下半分、食感があり過ぎな気がする。ちょっと食べにくかったのは私だけでしょうか??サクッと噛み切れる方がハンバーガーとしては食べやすくて正解な気がするのですがいかがかしら~。

ハンバーガーのバンズとしてのパンは主役か脇役かと言ったらどちらかと言うと脇役。単体で美味しいのだけではなく、組み合わせて主役の肉をひきたてられる極上のバンズに進化してくれることを期待します!

« 太陽の「W」トマト麺♪ | トップページ | パン・ぱん・pann »

千葉」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ハンバーガーバンズとしてのパンの在り方:

« 太陽の「W」トマト麺♪ | トップページ | パン・ぱん・pann »

2021年11月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
無料ブログはココログ