ヤマキ

メガロス

  • ">

旨いもの探検隊

  • ">

和雑貨 中川政七商店

  • ">

カレコ

日経

  • ">

47CLUB

ミナワリ

  • ">ミナワリ

肉まん

  • ">

ゼリー

  • ">

ジュンク堂

  • ">

スーパー

  • ">

チーズ

  • ">

最近のトラックバック

« 成城学園前にドミニクサブロン♪ | トップページ | 浜松パン屋巡り1@Chevre »

3種のトマト、食べ比べ@Oisix

小学生の頃は大嫌いだったトマト、丸ごと一個が「フルーツ」として出された時には泣きながら掃除の時間直前までかかって食べたものです

いつからか、それが好物に…不思議ですねぇ。あの一魂もトマトに惚れこんで通っているし

そんな私に神様からのご褒美のような宅配便があぁ、頑張っていて良かった

じゃ~ん

1_3

Oisixバイヤー厳選トマト食べ比べセット」ですよ、もうその名前が素晴らしすぎる

見るからにプリップリの艶やかな輝きを放つトマトたち…赤の色の濃さが違いますよ

箱の中にはトマトの他に説明のプリントも、それぞれに品種の説明と生産者の顔写真、メッセージが書かれています。

2_2 これ(左)が、「みつトマト」

4_2

そして(右)、「ミニトマト」

それから、なんとなんと、

3_2

「塩トマト」です!私的にはお初であることもあって、興味深々…

ソルトリーフみたいな感じで塩分を含ませた土地で育てるみたいです、糖度が高く旨みがあると書いてあります

なにはともあれ食べてみなくちゃ、と、お勧めの食べ方でもある「生で」いただきました

5 見て下さい~、ちょっと暗くて見えにくいんですけど、水をはじいてますもうとにかく張り感が違うんですよね!

「みつトマト」はとにかく甘~い、甘さが濃いのです。デザートとして食べてもいいとお勧めしてありますが納得

「みつトマト」には敵いませんが、「ミニトマト」も普通のものに比べたらすごく甘いし青臭さが全然ないので食べやすいです。パクパク摘まんでいたらあっというまに…何か料理してレシピを載せようかと思っていたのに美味しすぎる!

6 そして「塩トマト」、スイカに塩をかけると甘みが増すの法則でしょうか…「みつトマト」の甘さとは違うのですがものすごく甘い。そして不思議とこれが一番果実感がありました。

しっかりとした皮の歯ごたえも、食感重視派の私にはたまりません一番上のところの直径が7センチほどの小ぶりなトマトなので…冷製パスタにも合うと書いてあったのに…あっというまに…食べすぎ?

7 トマトも変わりましたよね~、小学生の時泣きながら食べたのは青臭かったもの。

いまのトマトは立派なデザート、素晴らしいですね。この四半世紀で味わい的にとっても洗練された「お」野菜様におなりになっています

でも…それとは裏腹に、今回のトマトには近所のスーパーのアレでソレとは違う大地の力強さを感じました。

太陽の光と生産者の愛情を受けて成長し、丁寧に摘み取られたに違いないと、見てもいないのにイメージがガッチリ湧いてくるのは…トマト達の濃く、深い旨さを味わえるからこそお人柄ってその成果物に顕れるのだな、と改めて

我が身を振り返って…ちょっと反省したり、しなかったり…トマトって深い食べ物ですね

« 成城学園前にドミニクサブロン♪ | トップページ | 浜松パン屋巡り1@Chevre »

お薦め品」カテゴリの記事

コメント

残念でした。トマトは、もともと中南米原産、水のほとんどない、酷しい地域の植物です。それがヨーロッパに持って来られて、蝶よ花よと甘やかされて、根性の無い、水っぽい食べ物になってしまったのです。

だから、過酷な状況で育てれば、茎には刺が生え、葉は、針となり、根は養分を求めて下へ伸びますから、甘くなる道理です。でも、塩トマトは、知りませんでした。

なるほど~、褒めて育てないで叩いて伸ばすのですね。
得意です

やっぱりトマトは私向きかも

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 3種のトマト、食べ比べ@Oisix:

« 成城学園前にドミニクサブロン♪ | トップページ | 浜松パン屋巡り1@Chevre »

2021年11月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
無料ブログはココログ