ヤマキ

メガロス

  • ">

旨いもの探検隊

  • ">

和雑貨 中川政七商店

  • ">

カレコ

日経

  • ">

47CLUB

ミナワリ

  • ">ミナワリ

肉まん

  • ">

ゼリー

  • ">

ジュンク堂

  • ">

スーパー

  • ">

チーズ

  • ">

最近のトラックバック

« パンと同じく毎日食べる、アレ | トップページ | 世田谷区パン屋巡り2@Boulangerie Sudo »

パンとチーズとワインの宴@ヴィエイユ・ヴィーニュ(ドミニクサブロン)

9 またまた世田谷区パン屋巡りの途中ですが、どうしても今日中にお知らせしておかなければならないニュースを含めて昨日行われた素敵なイベントをご紹介しておきたいと思います。

「エルベ・モンスが東京に来るんですよ、サブロンはモンスと親しくて、じゃあ僕もということになったらしいんですよね。サブロンはプライベートで来るんですが、一緒の時期にいるならパンとチーズとワインで3大発酵食品の会をやろうということに…」

新宿のドミニクサブロンさんでこんな話を聞いたのは先月中旬、あのシーターを見せていただいた晩でした

エルベ・モンスさんと言えば、M.O.F(フランス国家優秀職人賞)も受賞したチーズ熟成士、1_2 行かずにいられます?こんなことを聞いてしまって、無理ってものですよね~で、2日間開催の初日であった昨日、張り切って行ってまいりました

ヴィエイユ・ヴィーニュに足を踏み入れるのは2回目、マキシムさんのご経営だけあってアールヌーボー調のセレブリティな内装です。背筋が伸びるわ~

12 この薔薇の(バラ、ではなく薔薇と書くところがポイント)シャンデリア、いいですね~。まさにマキシム、ゴージャスの極みです。テーマカラーの赤でまとめられた贅沢な空間、ソファー席の座り心地も抜群です

受付では、横浜から全国へ羽ばたいたあのパン店の方々とか、ちょっと有名なアレでソレとかの面々が…やはりみなさんあのチーズがあのパンと食べられてワインが7種類もと予告されたら万難を排して、って朝から浮かれていたのは私だけかしら

4_2 まずはマキシムの社長直々のご挨拶から始まり、モンスさん、ドミニクさんが登場です

本当の「生」乳を使ったチーズは輸出できないので、熱を加えて殺菌してしまったものしか日本には入ってこない、だから本場パリでまたこの組み合わせを楽しんでくださいね、とウィットに富んだ(いや、もしかしたら本気?)のご挨拶、さすがです

3_2 モンスさんもサブロンさんもフランス語、だけどちゃんと通訳の方がいるので大丈夫、なのですが…席を回ってくださるときに直でお話できたのですが、やはりフランス語をちゃんと勉強しておけばよかったと大後悔

なんとか通訳さんを捕まえてモンスさんにシェーブルフィーユを使って考えたレシピをどこぞで使わせてもらったことを伝えてもらいました

2_2 出てきたお料理は、モンスさんセレクトのチーズをシェフが丁寧にお料理、そしてサブロンさんセレクトの合わせて食べるとおいしいパンがサーブされます。たとえば前菜の「温かい“クロタン”のサラダ、春の息吹」には少しナッツの香りがする山羊のチーズが使われています。パンはスペシャリテのビオ・ブール、酸味とスパイシーな香りがベストマッチ♪そしてトマトとハーブのプチパン、これはサブロンさんも大好きなのだそうですよ!

5 メインの仔牛にはグリエールチーズがトロリパンはリュスティック、伸び伸びとしたつややかな気泡にため息です

極上の皿に幸せ、トレビア~ン

ワインを全て飲み干すことはできなかったけれど、少量ずつではありますが組み合わせの妙を楽しみました。6

どれもこれも、発酵食品。ということは、自然の恵みに人が手間と時間をじっくりかけて作り上げたものだということです。神様と人間の英知の賜物、それに時が熟成という手法で魔法をかけた3つの食品のマリアージュを翌日健康診断を受けたら何かひとつは確実にひっかかるくらい思いっきり摂取してきました

8

アミューズ、前菜、メインの後のチーズプラトー。とろりととろける、ムースのようなふわふわ、ピリリと辛口、ハーブの香り…食感、味わい、香り、乳の種類、熟成度、さまざまな違いのあるチーズが6種類。合わせるパンも4種類。さて、何種類の組み合わせ?なんて数学の問題みたいですね

10 でも、この問題に正解はありません。それぞれが違った答えでOK、お勧めパンのアドバイスもチーズ4種にだけ、というところがそれを象徴していました。お好きなように、楽しんでというお二人からのメッセージだったと私は思います

1_3 素敵な素敵な晩餐会、最後にモンス・サブロン両氏にサインまでしてもらってご満悦です

そしてもうひとつ…ヴィエイユ・ヴィーニュ、ツボにハマりました。四谷2丁目のジョニー店長と同じくらい気に入った!

13

見てください、このカード、表はワインの名前や生産者、産地などが書かれています。そして、その特徴がまとめられたこの裏面…ボディは強くなるほど女の子の体形がなまめかしく変化、タンニンは渋みが増すほど男性の年齢が上がり、甘さはハートの数が増加。いいじゃないですか~、この遊び心!ワインは味の記憶は残っても名前や産地など右から左に抜けてしまう素人ですが、このカードがあれば覚えられそう

セレブリティな雰囲気の中にも、こういうところがあるとグッと親近感が…私でも受け入れてくれるような懐の深さがいいですね。

11 あまりにも居心地良くて最終組になってしまいました~、パン屋さん(ドミニク・サブロン)も閉店している時間です。また改めて、買いに来ます

おっと、世田谷区パン屋巡りを後回しにして今日お知らせしなければならないニュースを忘れていました…

成城学園のドミニク・サブロンに明日あたり、ご本人が出没?!何か…やってくださるとか、くださらないとか。フランス語ができなくても英語でコミュニケーション可能、お近くの方は是非!

« パンと同じく毎日食べる、アレ | トップページ | 世田谷区パン屋巡り2@Boulangerie Sudo »

東京23区」カテゴリの記事

コメント

上等な時間を 過ごされましたね
しかも 素敵な お食事つき

28号らしく パンに主体を置いた解説
美味しさが伝わってきますニャロメ

パンもチーズもワインも 美味しいものは皆 発酵物
これは パンチーズアカデミーの 故服部先生の教えです
大和田さんと 出会ったのも そこでした

美味しいものは おいしい縁を作りますね^^

tajimak2さんとのご縁も、まさに「おいしい縁」ですね。
今後ともよろしくお願いいたします

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック

« パンと同じく毎日食べる、アレ | トップページ | 世田谷区パン屋巡り2@Boulangerie Sudo »

2021年11月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
無料ブログはココログ