ヤマキ

メガロス

  • ">

旨いもの探検隊

  • ">

和雑貨 中川政七商店

  • ">

カレコ

日経

  • ">

47CLUB

ミナワリ

  • ">ミナワリ

肉まん

  • ">

ゼリー

  • ">

ジュンク堂

  • ">

スーパー

  • ">

チーズ

  • ">

最近のトラックバック

« 長年の悩み、さらに… | トップページ | 武田双雲 書道家10周年記念展、夜の特別鑑賞ツアー2@目黒雅叙園 »

武田双雲 書道家10周年記念展、夜の特別鑑賞ツアー1@目黒雅叙園

目黒雅叙園の百段階段、宮崎駿アニメ「天と千尋の神隠し」のお城のイメージはここで作られたと聞いてからずっと行ってみたかったんですよね~ようやくその願いが叶いましたよ

1

ただいま昨年のNHK大河ドラマ「天地人」の題字を書いた書道家武田双雲の書道家10周年記念展を開催中、その書道展をガイド付きで見た後、書道展にちなんだお料理をレストランでいただくという特別鑑賞ツアーに参加してきたのでした

4 お食事やお茶では何度かお邪魔したことがあったけれど、雅叙園は、行くととても豊かな気持ちになれる場所ツアーの受付時間の少し前に着いたのでぶらっとしましたが…う~ん相変わらずなんて豪華な空間なのでしょう

昭和6年創業の歴史を感じます、とはいえ、現在の建物は1991年に全面リニューアルされたものなので創業当時のものを残した、という歴史感ではありません。創業者の細川力蔵さんの、「お大尽気分を味わってほしい」という遺志を継いでモダンでありながら豪奢な感じもあるという造りになっている、そこに歴史の重みを感じるのです

ちなみに、このあたりは竜宮城をイメージして作られているのだそうです。レストランへ続く道筋、浦島太郎のように飲めや歌えやともてなしますよということなのでしょうね

さらに!ここは縁結びのパワースポットなのだとか?効果があるかどうか~、行ったものしかわからない

2さて、ツアー開始百段階段へ行くには、このエレベーターに乗ります。このエレベーターがまたすごい。唐獅子牡丹の螺鈿(らでん)、内側もですよ~

3鮑などの貝で施した細工も豪華な漆塗りの壁のエレベーターこれに乗っただけですでにお姫様気分

百段階段に入る前に、ガイドの真鍋さんがまずは雅叙園の歴史を丁寧に説明してくださいました

東京都指定有形文化財になったのは昨年の事と聞いてびっくりもっと前なんだと思い込んでました。雅叙園自体は1931年開業ですが、百段階段は旧館、1号館に続き、1935年に宴会場として建てられたもの。旧館その他は目黒川の治水の関係上、東京都の再開発区域になってしまったために現在のように改装されることが決まったそうですが、百段階段は雅叙園の中でも最も川から離れたところにあったのでその対象になるのを免れ、いまもその絢爛豪華な姿を留めているのです。

7つの部屋は、それぞれ異なる建築家、画家などの手によって造られ、趣が異なります。用途に合わせて使えるように広さも違います。でも、共通して言えるのは…ありえないほど、ゴージャスだということ。当時の人々にとっても「ハレの日」に使う特別な空間だったのでしょうね。写真撮影は禁止なのでお見せできないのが残念です。でも、見に行く楽しみを残せましたよね

書道展は、5月28日から6月27日までの1期「これまでの人生」と、6月29日から7月19日までの2期「これからの人生」の2部構成です。

見てきたのは1期目。誕生、家族、葛藤、自己対話、自由、開花と人生の過程で起きてきたアレやらソレやらをテーマに武田双雲さん独特の「感じたままを表現」する手法で描かれた書がテーマに沿った展示法で飾られています。

書家の友達が、書は表現だと言っていましたが、実感です。双雲さんにとっての、命とは、夢とは、というものが書かれていた気がします。受け止め方も、またそれぞれでいいはず。この感想は、是非ご自身で

意外な双雲さんの過去のお仕事なども見ることができます、まさに人生そのもの?見ごたえあります

5ツアーが終わると、お食事メインダイニングの「東京チャイニーズ 旬遊紀」、そして「日本料理 渡風亭」、「西欧料理 クラブラウンジ」から選べるのですが、私は「クラブラウンジ」をチョイス

他2つのレストランは体験済みだったのが選んだ理由。中華も和食も良かったな~

丁度、「クラブラウンジ」ではワールドカップに合わせて南アフリカフェアでした

6 テレビでうるさく鳴っているあの楽器もおいてありましたよ、チャレンジしてみたけれど…音を出すのは難しい結構肺活量要ります。サポーターのみなさん、すごいな

ダイニングの奥に、個室があり、そこで書道展にちなんだコースをいただきます。テーマは、黒。

なるほど、墨ですね

9 ちなみに、売店では書道展にちなんだ期間限定スイーツも販売中。黒ごまプリンと竹炭ロールケーキ

ロールケーキはカットの他、手土産に便利な1本物もあって1250円雅叙園メイドでこのお値段は素敵かも…保冷剤もがっちり入れていただけるので、暑くなるこれからの季節も安心です

10

あんまり艶やかな真っ黒クロ助なので(歳がばれる…)食べてみました~、しっとりふんわり、甘さ控えめクリームにはゴマも入ってクロ感2倍です。見た目が~、という方。炭は無味無臭ですので味には影響なしですよ、トライしてみて下さ。暑くてイライラ~なんてこともあるこれからの季節、炭には安神の効能もあるので心穏やかにしてくれますよ~

おっと、脱線肝心のお食事紹介に行くにはちょっと長くなりましたね、また明日~

« 長年の悩み、さらに… | トップページ | 武田双雲 書道家10周年記念展、夜の特別鑑賞ツアー2@目黒雅叙園 »

食べ歩き」カテゴリの記事

コメント

楽しまれたようですね
百段階段ツアーは お勧めです

僕にとっても 縁のあるところ
黒い ロールケーキも 気になります

Fさんは アフリカ料理のほうが
気になっていたみたい 次回期待します^^

百段階段のお部屋には、それぞれに個性とストーリーがありました。

ここに料理を運んだ仲居さんは大変だっただろうな~、なんて庶民の私は思ってしまいました

でも、雅叙園にいる間は、お姫様いつも、その気にさせてもらってます

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック

« 長年の悩み、さらに… | トップページ | 武田双雲 書道家10周年記念展、夜の特別鑑賞ツアー2@目黒雅叙園 »

2021年11月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
無料ブログはココログ