ヤマキ

メガロス

  • ">

旨いもの探検隊

  • ">

和雑貨 中川政七商店

  • ">

カレコ

日経

  • ">

47CLUB

ミナワリ

  • ">ミナワリ

肉まん

  • ">

ゼリー

  • ">

ジュンク堂

  • ">

スーパー

  • ">

チーズ

  • ">

最近のトラックバック

« パティシエの卵という名のシュークリーム@Chez Recamier | トップページ | 秋限定栗のカスタードケーキ、「いのち」 »

今度は深焼きシュークリーム@Patisserie Liaison 初石

前日のChez Recamierに気を良くして、新たな洋菓子店を開拓。

「Patisserie Liaison 」、実はGarden berriesのついでだったりもします

01

たまたま、ネットサーフィンでHPを発見したもので、近いし行ってみるか~、くらいのつもりだったのですが…それが、なかなか

02 お店の前に置いてあったこの立て看板、「秋限定マカロン」にもう目が釘付けさらにその隣には「びっ栗」ですよ、しまったこういうノリに弱いんだわ、私…と期待膨らみ、お店に入りました

03 HPでも謳われていた「和魂洋才」の額がドアの正面に飾られていました。

そして、店内はオレンジ色…さすがにハロウィーン前だけあるなぁ。

店内左手が工房、右手がショーケースになっています。ウッディな感じの可愛らしいお店…並んでいるケーキもほんわりふんわりした雰囲気があります。

お客さんが入ってくると、誰かが手を休めて接客に出るみたい、奥様と思しき人が出てきてくれたのですが…私ったらものすごい迷い虫なんですよね~

ミルフィーユも食べたい、モンブランも食べたいと迷った挙句に選んだのが「禅」。だってスペシャリテと書いてあったから

04 05 011_2

そして、もちろんシュークリームと…ショーケースの上に並んでいたデニッシュ類の中から日替わりらしき「杏のデニッシュ」をチョイス

09_2

クリームは予め詰めてあったみたいで、サクっとした皮とは言い難かったけれど…ここのカスタードめっちゃ美味しい

1_2 デニッシュに入っていたカスタードは純粋カスタード。

でもパティシエールタイプだからバニラ感、卵感溢れる感じです~

シュークリームの方はシャンティータイプ、Chez Recamierのはミルキーな感じだったけど、もうちょっと濃い目。

11_2 中にぎっしりは同様です、でも軽くてペロリです

オーダーしてからクリーム詰めてくれればいいのにな~、でもあの体制でそれは…無理か

スペシャリテの「禅」はマスカルポーネチーズの層と抹茶の層の2層構造、このハーモニーが素晴らしい

下に敷いてあるスポンジが米粉と小豆というのも珍しい。

014_2 まさに、和魂洋才。スペシャリテと言うだけのことはありますね。

軽くて甘さ控えめも私好み、いい店見つけちゃいました

天高く、私肥ゆる秋にならないようにしないとね~

« パティシエの卵という名のシュークリーム@Chez Recamier | トップページ | 秋限定栗のカスタードケーキ、「いのち」 »

スイーツ」カテゴリの記事

コメント

初石ですか( ´_ゝ`)フーン 良く見つけましたね

あそこは 食の 砂漠地帯
ローカル線の 目立たぬ駅
ましで パティスリーなど

ケーキの 見てくれは 確かに良いし
カスタードも 僕の 好みだし

いやいや 食べてみないと
わからないぞ(笑)

tajimak2さん、カスタード絶品でした!

デニッシュの方が、シュークリームよりおすすめです。
Garden Berriesのついでに、どうぞ

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 今度は深焼きシュークリーム@Patisserie Liaison 初石:

« パティシエの卵という名のシュークリーム@Chez Recamier | トップページ | 秋限定栗のカスタードケーキ、「いのち」 »

2021年11月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
無料ブログはココログ