ヤマキ

メガロス

  • ">

旨いもの探検隊

  • ">

和雑貨 中川政七商店

  • ">

カレコ

日経

  • ">

47CLUB

ミナワリ

  • ">ミナワリ

肉まん

  • ">

ゼリー

  • ">

ジュンク堂

  • ">

スーパー

  • ">

チーズ

  • ">

最近のトラックバック

« 大船、八王子パン屋巡り2@CALVA | トップページ | 体の一部になれるゴム手袋探求中… »

大船、八王子パン屋巡り3@Panetteria da Mocci

昨日ご紹介した「CALVA」さんでゲットしたアップルパイとタルティーヌでそろそろ満腹、でもここまで来たからには…と先へ

M1_2

実は、tecconaさんよりも前に一度立ち寄ったのですが…開店時間チェック漏れでまだシャッターが閉まっていましたそこで、まずはtecconaさんへ。そして、CALVAさん経由で再訪したのでした(tecconaさん、朝早かったのはそういう訳なんですよ~

M2

ちなみに開店は10時、シャッターが空いて30分後くらいに伺いましたが、この品揃え…素晴らしい

10

お店の中は、イタリア直輸入の雑貨屋さんで仕入れたという明るい色彩の「らしい」食器やタイルで彩られています

チャオ~、なんて言いながら入って行きたくなる雰囲気いいなぁ、この店の雰囲気

11_2

明るい雰囲気の源は、装飾品ではなくて店主の「モッチ」こと奈良さんでした。

え?奈良さんなのになぜ「モッチ」?と思われたでしょう…旧姓が「金本(かねもと)さん」で、カネモト→カネモッチ→モッチとなったのだとかちなみにこの語形変換はイタリア人の仕業です

モッチさんは、中学2年生のころからイタリア料理のシェフになりたいという夢を持っていたのだとか…思い切って飛び込んだ飲食の世界で、最初は残念ながらホール担当。それでも一生懸命働くモッチさん、お客さんとして訪れた某イタリアンシェフに引っ張られて開店スタッフとして厨房に足を踏み入れることとなったのです

M3モッチさんの夢をかなえるきっかけをくれたそのシェフが付けたあだ名が「モッチ」だった、というワケなんですね。素敵です

腕を磨いたモッチさん、この店を開店するまでにはイロイロとあったそうですが…それよりも彼女のバイタリティーを感じるエピソードは妊婦さんの間にこの場所に空き店舗を見つけて契約し、現在1歳になったばかりのお子さんが生まれた直後に開店しているということ!

一緒にこの話を聞いたツレは「仕事ってそういうものなんだね」とひとしきり考えちゃってました。確かに!「大丈夫かな」とか考え込んでないで飛び込むこと、機会を逃さず捕まえる事って大事なのかもしれません。考え込みすぎてないかな…私、頑張れているのかなって…私も少々…

ま、とにかくいただきましょうと商品を選びに入った我々…アレもコレも美味しそうで選びきれない~っ!と悩んでいたら、奈良さんがチキンとホタテのハーフアンドハーフを特別に作ってくれました

M4M5

フワフワ、サックリなフォカッチャ生地の上には、奈良さんの「イタリア料理」が乗っています。単に具材が乗っているのではなく、丁寧に仕込まれた「料理」が乗っているのです。

チキンやホタテは、香辛料と粉をまぶして表面をカリカリに焼き、その後パン生地の上に乗せて追い焼きして丁度いい食べごろになるように工夫されています。

モッチ、やるね!なんて声が掛けられるくらいに話し込んでしまった(お客さんがいない時間帯だからこそ出来たことですので~、混んでいるときやモッチさんが忙しそうな時にはそっと見守ってあげて下さいね

そのせいかしら、満腹だったはずなのにペロッと平らげた挙句「美味しい」だって

店内には、モッチの愛息の可愛らしい~写真もありますよ。大船に行ったら是非!元気をもらえるお店です

« 大船、八王子パン屋巡り2@CALVA | トップページ | 体の一部になれるゴム手袋探求中… »

神奈川」カテゴリの記事

コメント

Panetteria da Mocci ここも よさげな店ですね、フォカッチャ 美味しそう
このパンは オリーブオイルだけ、つけても 美味しいのに、
具を乗せると さらに引き立ちますね アラブのピタ、インドのナンまで連想します

それにしても 品ぞろえが豊富 シェフを目指していた 店主ならではの逸品
大船は 良いパン屋が そろった 地域だと 改めて感じました。

外見だけでも アメリカン、フレンチ、イタリアン  国際色豊かです

FA28号さん、初めまして!!
ドミニクサブロンの榎本さんの情報が知りたくて検索していたら、
FA28号さんのブログにたどり着き、拝見させていただきました。

実は10年ほど前、池袋にあるパン店で一緒に働いていたときの1年先輩で、
非常にお世話になりました。
去年たまたま雑誌に出ていたのを見つけ、
現在はシェフブーランジェをされているとのこと。
僕は今は地方に住み、飲食業を離れたのですが、
榎本さんの活躍を知り、とても励みになりました!!
東京に遊びに行ったときはぜひ店を訪れたいと思っているのですが、
FA28号さんのように、少しでもいいので会話などできる感じなのでしょか?

突然のこのようなコメントすみません・・・・
もし可能でしたら、教えて頂けないでしょうか?
よろしくお願い致します。       

kunihiroさん、はじめまして
榎本シェフ検索でお越しになったとのこと…あの素敵な笑顔の記事かしら~

私の知り得る限りですと、榎本シェフは現在ドミニクサブロン全店の統括を
していらっしゃいます。なので…このお店に必ずいる!というわけでは
なくなっているようです。
(が…3月初めには二子玉川あたりにいる可能性が?!)

アポなしで捕まえるのはヒジョーに難しくなっているかもしれません。
ドミニク・サブロンのお店はどこもとても丁寧な対応をしてくださいますので
訪問当日に赤坂か新宿(どちらかというと新宿?)のお店に問い合わせを
されることをお勧めします「今日はどこにいますか?」と尋ねたらシェフの
居所を教えていただけると思いますよ

榎本シェフ、激務を自然体でこなしていらっしゃるところが素敵です。
そんな先輩とともに過した時間、きっとkunihiroさんにとってかけがえのない
ご経験となっていることでしょう。
シェフもきっと、どんなに忙しくても、笑顔で迎えて下さると思います!
お二人が再会できますよう…

tajimak2さん、本当に大船は楽しんでしまいました。

また行きたい場所のひとつです(増えた

FA28号さん、お返事ありがとうございます♪

仕事の都合で、今度東京に行くのは
ゴールデンウィークor夏休みになると思うのですが、
なんとかコントクトをとってみたいと思います!!
榎本さんとは池袋で一緒に働いて以来お会いしていないのですが、
当時から誰よりも仕事が正確で速く、榎本さんが働いた場所は、
ホントに今まで作業していたの?思ってしまうほど綺麗でした。
社会人になって十数年経ちますが、
あの時期ほど、仕事のすすめ方でインパクトを受けた人はいないと思います!!

またブログにオジャマすることがあるかもしれませんが、
よろしくお願いします!!
FA28号さん、本当にありがとうございました♪

kunihiroさん、チェックして下さって良かったです

やはり、榎本シェフ…タダものではなかったのですね
いまも、サブロンさんやスタッフの皆さんにも信頼厚いスーパーシェフですよ。

尊敬できる人との出会い、そんなに多いものではありませんよね。
大事に紡いでいけるといいですね

ブログもまた覗きに来てやって下さい、こんな感じで緩~くやっておりますが

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 大船、八王子パン屋巡り3@Panetteria da Mocci:

« 大船、八王子パン屋巡り2@CALVA | トップページ | 体の一部になれるゴム手袋探求中… »

2021年11月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
無料ブログはココログ