ヤマキ

メガロス

  • ">

旨いもの探検隊

  • ">

和雑貨 中川政七商店

  • ">

カレコ

日経

  • ">

47CLUB

ミナワリ

  • ">ミナワリ

肉まん

  • ">

ゼリー

  • ">

ジュンク堂

  • ">

スーパー

  • ">

チーズ

  • ">

最近のトラックバック

« 2011年2月 | トップページ | 2011年4月 »

2011年3月

元気の源?!ガリガリ君

計画停電のある区域では、冷凍食品やアイスを販売するところは気を使います。

ある意味、いまとても貴重なものかもしれません。そもそも、スイーツ全般が、そうですが。乳製品などの原材料入荷不足で、苦労しているお店も、あるようです。

いつも私に笑顔をくれたガリガリ君…どうしているかしら?地震の前に食べた、春バージョン。いちごサワーです。

12

寒い、寒~い日だったので、ツレには「え?アイス買うの?」と驚かれましたが…食べておいて良かったのかも??

13

やっぱりいいわ、ガリガリ君。見るとなんだか思わずにやっとしてしまって、そんな自分にホッとする。笑うって、エネルギーの要ることで、エネルギーをくれることなんだと…ガリガリ君に教えられてしまうところも、まだまだ非日常だからでしょうか。

ガリガリ君が本領発揮する季節まで、停電は続くのだとか…頑張ります、頑張りましょう。

残念な知らせ

昨年始まった知人のレストランが、3月いっぱい…つまり明日で休業するとの知らせが先週入りました。

せっかく、始まったばかりだったのに…残念です。そして、知らせを聞いても結局駆けつけてあげられずにその日を迎えてしまうのが申し訳ない気持ちです。

この他にも、4月まで休業するという店もあります。停電の影響で鉄道の運行状況が安定しないので、特に夜は客足が鈍るのでしょう。私自身も、まだ「帰れなかったらどうしよう」と思ってしまう方なので、出かけられない気持ちは分かります。

頑張れと思いながら、ただ心で念じるだけで、ごめんなさいね。

1

でも、お昼は、逆にパン切れでお弁当が持参できないために外食もしています。先週は近所のイタリアンでパスタランチ。

写真が暗めなのは、カメラの設定を変にしてしまったからではなく照明を落として営業しているからです。自然光のみ、でも本来それでいいのかもしれませんね。

2

ミネストローネと、生ポルチーニのパスタ、自家製パン。パスタはトマトソースのアラビアータも選べました。

私が駆けずり回ったように、乳製品は手に入りずらくなっています。停電のない地域でも、材料不足でメニュー限定といったことが出ているようですね。

スープがポタージュ系ではなかったのも、パスタがクリーム系のソースではなく、オイル系、トマト系 だったのも、それが原因かもしれませんね。

それでも、店は開いています。

頑張りましょう。

出来る備え、身近なことから

原発関連で気になるニュース…水道水の放射性物質の値がどうのこうのとありました。

空中にも、漂っているものがあるとか、ないとか。すぐにどうこうしないし、将来にわたってもどうこうしないと言われても、気になるものは、気になりますよね。

16

だから海外に行くとか、だから関西に行くとか、そこまでは考えてはおりませんが…最近は、ユニチャームさんの「超立体マスク」にお世話になっています。

6しっかり防ぐものは、耳が痛いのが難点…だったのですが、これはそれががっちり解消されています。

この造り、結局繊維が伸びてゆるくなるんじゃないの?なんて思われた方…それが、どうして、ユルしっかりなのです。

7ほっぺのところもピタッと塞いでくれるので、守られている感がものすごくあるのですが、口に直に当たっていないので息苦しいような感じは一切ありません。

以前、これをした時には「ドナルドダックみたい~」なんて言っていた記憶があるのですが…あれ?そんなこと全然ないのに??なんだったのかしら。

出来る防御はいたしましょう。過敏になりすぎないよう、でも、出来る備えをすることは過敏とは言わないのでは?

日本を元気にするために、元気でいましょう。

自然の力、酵母の力

地震の夜、帰宅難民になったことに始まり、次は通勤難民&停電と落ち着かない日々…疲れも溜まり、はっきりしない体調。

の、はずなのですが…いつもは調子が悪い、あちらの方だけはなぜかあまり乱れておりません。

多分、その好調のワケは、コレ。株式会社 読者サービスさんの「天然美通」、先月末頃から飲んでいます。

152

1日4粒、とのことだったので、朝1粒、昼1粒、夜2粒に分けて、飲んでいます。

最初の1週間、音沙汰なし…「これはあまり体質に合わないのかな?」と思い始めたところで、やってきました。かなり、、アレでソレなのが。

少し続いて、また止まり…といっても、2~3日のことなんですけどね。前は1週間も当たり前だったのに、2~3日程度で「ない…」と思うことがスゴイ?そして短(所要時間)、多(量)、良(質)、と3拍子揃っています。

153HPにも記載されておりますが、一時的な解決ではなく、根本的な解決の手助けをしてくれるとか…だんだん飲む量を減らしたり、毎日ではなく隔日飲んだりしても良くなるということ、かしら。

そんな日を夢見て、しばらく続けて参ります。

154中身は、薄い黄土色のソフトカプセル…ほんの少し、臭いが気になる方もいるかもしれませんが、効果が出てきたらそんなことは大した問題にはなりません。

寝る時に、お腹に手を当てると腸の動きが活発になったことを感じます。免疫力がアップしたら、花粉症にも効くかしら…

今年は少し手強くて、夜は鼻水・鼻づまりに苦しむ今日この頃です。

大震災以後の、パン生活

計画停電では、時間通りに通電が断たれるところと、予告だけで通常通り電力供給がされるところとに分かれました。

我が家は、きっちり電気が来なくなりました。冷蔵庫、冷凍庫は3時間なら影響なしとのことでしたが、やはり…ある程度解凍されてしまい、再冷凍されることになるのは否めないので、私はパンの冷凍は控えていました。

このブログでも、何度か「パン切れは、生命の危機」と大袈裟に書いてきました。食べないとなんとなく力が入らない、冷凍ストックは出来ないけれど、切らさないようにしなければ…と、神経を使って生活しています。

幸運なことに、まずは地震の2日後に駒場の「ル・ルソー16ル」のパンをいただきました。

18いちじくのパンと、生ハム(?)のパン…その時点で冷凍庫にはストックなし、大事に食べなくてはと思うのに、ついつい手が伸びてしまいます。

少しリッチで、柔らかいのがいちじくのパン、形も愛らしく…私を誘います。

17生ハムのパンは、パクッといってしまいがちな形…一口齧ってしまったら最後までいってしまうことは分かり切っています。

なんとか、1日だけは我慢して、食べつなぎました。

翌々日の昼のパンがなくて駆け込んだ会社至近のB.ricciさんでは、ベーグルを2つ。5種の中から厳選した2種類、いつもなら迷わず選ぶハニーオートではなく、栄養価優先でマルチグレインと全粒粉を選んでしまったところが…非日常。

チーズとジャムを挟んでサンドイッチ、ボリュームのあるNYベーグルを飲み込むように食べてしまいました。

19

もっと買っておけば良かった、と早速後悔するほどの食べっぷり。食べっぷりだけは、なかなか非日常にはならないようです。

こっそり家族のパンを拝借して食べつなぎ、通勤途中でやっと手に入れたラ・テールの豆パンとバゲット、そしてカイザーの…名前を失念!

16_2

パン屋さんでは原料が不足していて種類や数量を限定しながら焼いているようです。

買占め、買いだめの中で、パンもいつもより多く買って帰る方が多いとか…最悪焼かなくても食べられる食パンや、焼かないことを前提の菓子パンなどは手が伸びやすいのでしょう。

ただ、パンは生鮮食品です。あまり長くは持ちません。買占めをしないようにしましょう、という大前提はありますが、買いだめには向かない商品なのですよ。

もし、買いすぎてしまったなら、冷凍庫で保存して下さいね。冷蔵庫は、デンプンが最も劣化しやすい温度帯…パンの美味しさのもとはα化したデンプンのモチモチ感、冷蔵保存はパンをわざわざ不味くしてしまう保存方法なのです。

帰宅難民となった時に、寒さと心細さの中で2つパンを食べました。そのパンは、有名ブーランジェリーで購入したものではなく、とにかく食糧を確保しなければと必死で手当たり次第にトレーに乗せたものでした。けれど、そのパンは私に「頑張って歩こう」という気力と、携帯の電池が切れた時のために電話番号やアドレスを控えておこうという判断力をくれた、「命の糧」でした。

もちろん、写真を撮るような余裕もなかったので画像を載せることはできません。でも、私の記憶の中にはいつまでも残る、大事なパンになることでしょう。

やっぱり、そんな時でも、パンなのね…と、落ち着いてみて、思ったり、思わなかったり…。

さて、明日のパンは…どうしようかしら。

鳥取美味〇選25 “どんこ”

鳥取の美味をお伝えするシリーズ、残念ですがいよいよ最終回です。

大トリを飾るのは、菌興椎茸協同組合さんの「どんこ」です(社)日本フードアナリスト協会ファンサイト応援中

16_2

シリーズの8回目でご紹介した「しいたけっこ」と「しいたけこんぶっこ」も菌興椎茸協同組合さんの商品でした。

椎茸の効用その他については、その回で詳しく(?)ご紹介しているので、ご参照ください。

今回の乾ししいたけは、原木栽培されており、品種は肉厚の「菌興115号」です。最大の特徴は歯ごたえ…プリッとした食感も含めて味わいたい乾ししいたけです。

とても厚い身です。これをチャーハンの具として微塵切りにしてしまうのはもったいないなすぎますね。やっぱり煮物、もしくはお吸い物で食べたいですね。お祝いやお別れの季節、ハレの日の食卓に乗せられるちょっと贅沢なしいたけです。

母は、贈り物としてよくしいたけを利用します。保存がきくし、便利に使えるから、というのがその理由です。このしいたけなら、より一層送った先にも喜んでもらえそうですね。

と、言うことで、長く続いたこのシリーズは一旦おしまいです。鳥取県に行ってみたくなった方、是非本場でいろいろな味に出合ってきて下さいね。

鳥取県はなかなか…でも、食のみやこ鳥取プラザには行ってみたくなった方、1階で「どんこ」を買ったら、「ブログを見た」と言いましょう。先着50名様に「どんこ」を戻すのにも使える「サントリー奥大山の水(500ml)」1本をプレゼントです(食のみやこ鳥取プラザについてはこちら

タルトで電気を考える、そして嬉しい知らせ

我が家に、宅配便が届きました。

覚えがなかったので、「?」と、思ったのですが…受け取ってみたら、それは母が定期購入していた愛知のお菓子屋さんから届いたタルトでした。

16

牛乳や、野菜などを手に入れるのに必死で、なかなかお菓子までは気が回らない今日この頃。忘れていただけに嬉しさも倍増…なのですが、ちょっと考えさせられました。

愛知のお菓子屋さんから、「定期便のお届けの時期ですがお送りして大丈夫ですか?」と、聞かれなかったなぁ…と。

ご覧のように、生のイチゴを使ったタルト。不在であったら、確実に痛みます。ちなみに、消費期限は到着翌日でした。

あちらはあくまで平常で、日常業務に滞りがないのだなと改めて感じます。

責めているのではありません、私自身が関西で起きた大地震の時に平常生活を送っていたのですから。

遠く離れているから、だけなのでしょうか。自分自身を振り返ってみて思うに、物理的な距離の問題ではなく、自分への影響度合いによって感覚が違うのだと思うのです。

17

同じ愛知県でも、群馬に実家があり、親戚は東北に…という方には、身近な問題です。実際に、愛知だって揺れています。関東以北に限らず、地震の影響は全国に広がっており、愛知のパン会社に勤める友人は「原料不足で一部作れないものがある」と言っていましたしね。

特に関東で深刻なのは停電です。

計画停電は、同じ日本という国でありながらで関東と関西で電圧が違うということから、関西方面から電気をもらえないことも回復を遅らせている原因の一つと言われています。

東西で、電圧が分かれてしまったのは、最初に輸入した機械が違う国から入ってきたことが原因だとか…政府大英断で、日本全国同じ電圧にすることも、今回の地震を通して考えていくべきことなのでは…。

甘い甘~いお菓子を、少しほろ苦く感じながら、電気のことなど考えてしまうところが、非日常。

でもやはり、スイーツは幸せ感がありますね。ごちそうさまでした。

そして…話題は変わりますが、もうひとつ書かせて下さい。

先日、マールツァイトさんの休業についてのメールを引用させていただきました。昨日24日に本日より、営業開始とのお知らせをいただきました。

詳しくは…こちら↓

(またまた、転記させていただきます)

マールツァイトのお客様 各位

この度の被災を受けられた方々には心よりお見舞い申し上げます。

想像の域を超えた事態の深刻さを顧み、マールツァイトはしばらく営業を停止しておりましたが、交通事情、電気の供給などの復興へ兆し少しずつ見えてきた今、製造を縮小し、明日25日より営業を再開致します。

ただ、白州の天然水の供給など、まだ充分流通しておりませんので、今後の状況をみながら、パンの種類、量を減らしての限定販売となります。一部ご不自由をおかけいたしますが、よろしくお願い申しあげます。

(以上、引用)

段々に、皆で、頑張っていきましょう。(被災者の方へ 私が今 できること!! ←参加中)

乳製品、パニック?!

牛乳が買えません。なぜか、外国産のチーズも、品切れ。

私の場合、パンとチーズは必需品なので、ピンチ…明日には冷蔵庫のチーズが無くなるという日に駆けずり回ってしまいましたが、買えませんでした。

16

牛乳は、物流や放射性物質が規定値以上に検出された件などで足りないのは納得。そして、国産チーズも同様に、納得ですが…外国からのチーズも、とは驚きでした。

だから、というワケではありませんが…ピザハットで宅配をお願いしてしまいました。

17

チーズに飢えていたことと、私自身が消耗していて食事の支度をする気がしなかったことの2つがピザハットとなった理由…家族は高齢者が多いので、嫌がるかと思いきや、結構食べてましたね。

順応性の高い両親で良かった…一番、状況を受け入れられていないのは私かもと大反省です。

ピザハットさんは、特にメニューを限定することもなく、元気に営業中。パン屋さんの中には乳製品の入荷不足や、小麦の不足で数量や種類に限りがあるところも出てきているので、少し安心しました。

初外食は、「負けない」ご飯

週末に家族で外食。地震以来、初めてです。

近所のとんかつ屋さんへ…いつも大勢の人で賑わっているのに、入居しているショッピングセンター全体が節電のため営業時間を18時までにしており、ラストオーダーが17時までとあって、到着した17時前には人影まばらです。

16_2

薄い肉を重ねて作る、ミルフィーユ状のカツ。サクッとした衣の食感の後は、ふんわり軽くて食べやすいです。

おひつで出されるご飯、粒が光っています、立っています。おかわり自由の山盛りキャベツも超薄切りでシャキシャキ、ついたくさん食べてしまいます。

17_2

カツ、勝つ、つまり…負けない。食べて、また明日から、頑張るぞ。

飲食店は、 どこも厳しい状況になっているようです。応援したくても、交通機関が正常に運行されるまでは…なかなか…ごめんなさいね。

美味しかったです、ご馳走様でした。

キレイであることの、意味

19日に、釜石市の駐車場に仮設風呂が設けられ、被災地の方々が8日ぶりにお風呂に入ることが出来たという記事が掲載されました。

暖を取り、そして清潔を保つ…お風呂に入れること、キレイの意味、考えさせられますね。

キレイには、清潔と美しいと二つの意味がありますが、清潔があってこその美しさです。美しくありたいと思えること、そのものが幸せなんですね。

1日も早く、また当たり前にお風呂に入れる日が来ますように。

関東も、連休中は計画停電が見送られ、久しぶりに時間を選ばずにお風呂に入れました。疲労がたまる日々、そうでなくてもお風呂の時間は私にとって癒しの時間ですが、今の生活の中では特に、心癒される時間です。

最近、まとまりの悪い髪を気にして使っているのが、リソウコーポレーションさんのリペアシャンプー&リペアエレメント…細くて多い私の髪は、ボサボサになってしまうのです。(無農薬自社栽培の『リペアライン』ファンサイト応援中

15_2

リソウコーポーレーションさんは、もともと化粧品の会社。会社を代表する商品であるリペアジェルという美容液を元に開発された洗髪剤、頭皮にも髪にも良い効果がありそうですよね。

顔と頭皮は繋がった同じ一枚の皮膚、つまり顔に良いものは頭皮にも良いという考えの元に開発された商品です。リソウさんのHPではリペアジェルを“無農薬栽培米を主原料とし、製造時でも天然を維持する独自の生命体技術により開発した美容液”、“純粋な植物から生み出される「ビタミンC生命体」と「アミノ酸生命体」をはじめ、一滴の水も使用しない全てが美容成分だけを実現したことから、美容効果と肌への優しさを実現”、と紹介しています。

使うほどに艶と潤いのある若々しい髪になる、という謳い文句の通り。使えば使う程、まずは洗っている時の指通りが違いました。

それに、シャンプーもトリートメントも少量で済む気がするのは私だけでしょうか…特にトリートメントはそう感じます。いつものものでは、追加しないと気になる量でも、スルッとツルッとした感触があるのです。

また、乾かした後の櫛通りがスムーズ、しっとりとまとまりのある髪になっています。

使い始めて2週間…これからどう変わっていくのか楽しみです。

共にいる喜びを、背中に(@Faith)

昨年開催したパンの食べ比べ会に参加して下さったM氏、ハンバーガーがご専門とのこと。以来、ご出版やご公演の際にはお知らせいただいたりしてお付き合いくださっています。

Mさん、地震の日はどうされていたでしょう…この「Faith」さんにランチで訪問した時には、送り付けた写メに即レスをありがとうございました。

168_2

通常単品価格1000円以上のBBQバーガーも、ランチならサラダとコーヒーまで付いて1000円とお得です。

162163

積み重ねると、結構な高さになります。私の携帯電話の縦にちょっと足りないくらいです。

164ハンバーガーを食べるお作法は、半分に切って…という方と、ハンバーガーバッグと言われるあの白い紙に包んで手に持ってガブリつくという方と二通り。

とりあえず後者でいただきました。

165ミディアムレアなパティの焼き加減、お見事でした。バンズもサクッと歯切れよく軽いので食べやすいハンバーガーです。 

M氏からの情報によるとバンズは松月堂だとか…さすがです。

作ってくれていたのは、若夫婦。若奥様が、赤ちゃんをおんぶして頑張っていらした姿が印象的でした。忙しく立ち働くお母さんの背中で、赤ちゃんはすやすや寝てました。

小さい子を振り回して可愛そう、なんて言う人もいるかもしれません。でも…やっぱり一緒にいる幸せ、安心感ってかけがえのないものだと思うのです。赤ちゃんも、安心だからこそぐっすり寝ていたのでは、ないのでしょうか。

避難所で哺乳瓶を赤ちゃんに咥えさせている映像が、流れました。きっと、あの赤ちゃんもお母さんと一緒にいられて安心していると思います。

早く、安全で暖かく、そして赤ちゃんが元気に育てるところへ…家族一緒に移れますように。

鳥取美味〇選24 “大山山麓で獲れた芋の玉こんにゃく”

地震や、原発事故による放射能から避難するために、西へ向かう方が多いとか…私がもし、どこかへ行くことを考えるとしたならば?!きっと、いまなら鳥取に向かうかもしれません。

昨年、あの鯖鮓との出会いがきっかけで始まった鳥取の美味をお伝えするシリーズ。地震の影響で遅れた24回目、思い出話のひとつとして…こんにゃく、株式会社はりまやさんの「大山山麓で獲れた芋の玉こんにゃく」をご紹介します。(社)日本フードアナリスト協会ファンサイト応援中

15_2

葱、そしてこんにゃくが特産品と言えば、関東では下仁田、群馬県です。鳥取と群馬、似ているのかもしれませんね。

はりまやさんのこんにゃくは、地元大山で収穫した鳥取県産こんにゃく芋を原料に使用して、米子市のはりまやさんの工場で作られています。素朴な丸形のこんにゃくには、「地産地消を基本にした商品造り」という姿勢が反映されているのだそうですよ。

15

表面の凸凹に手作り感があります、それに…よく見ると切り込みが入っています。

16

煮物などに使う時には、味がしみ込みやすいようにと包丁を入れたりもしますね。その手間がなくて済む、便利な商品…使う人の立場に立った、商品作りですね。

昆布のだしだけで煮ましたが、風味がよくうつっていました。そのこんにゃくに、あの山うどの粕を塗っていただきました。

17

鳥取尽くし?やはり同じところで作られているもの同士、相性がいいのでしょうか。ペアでのご購入されたら、お試しください。…これを食べるとあのおも飲みたくなるかもしれません?!

こんにゃくは、カロリー的には少ないですが、こうして食べると非常に温まります。お酒も、血流を良くして体を暖めてくれるはず…被災地で寒さに震える避難場所の皆様にも、食べさせてあげたいもののひとつですね。

連休中の首都圏は、停電がなく、電車も通常に走っているようです。食のみやこ鳥取プラザ近くへ行かれた方、1階で「大山山麓で獲れた芋の玉こんにゃく」を買ったら、「ブログを見た」と言いましょう。先着50名様に、こんにゃくを茹でるのにも使える、そして地震の備えにもなる「サントリー奥大山の水(500ml)」1本をプレゼントです(食のみやこ鳥取プラザについてはこちら

アナタの心に、潤いを(マカロン@ドミニク・サブロン)

昨日、一昨日は特に寒い一日となりました。被災地の皆様のことを思うと…いつも付けている暖房の温度を控えめに落とさせていただきました。

温かいものが食べたいと、切実な声をニュースで聞きます。炊き出しと言えば、の豚汁も物資が供給が難しいことと、燃料がないことが重なって作ることが出来ないのでしょう。

温かいものと並んで、疲れた時に食べたいものといえば、甘いもの。できることなら、被災地に届けてあげたいですね。

思い出話し、その2はスイーツ、ドミニク・サブロンのマカロンです。

123

丁度サブロンさんが日本にいらしていた先月末に、いただいたものです。丁寧に、保冷バッグに入れて下さったので、それも一緒に…嬉しいプレゼントでした。

122

5個入りの箱とは別に、二つ付けて下さったのは、季節限定のジャスミンと栗でした。

128白い方がジャスミンです、ホワイトチョコのジャスミンティー風味。

栗の方には、断面に粒々が見えます、気前のいい入れっぷりでした。

129箱には5種類、バニラ、ショコラ・ノワール、パッション、フランボワーズ、ピスターシュが入っていました。お店にはこの他にも3種類、ローズ、カフェ、アプリコットがあるようですね。

5種のの中で1番に食べたのは、ピスターシュ。綺麗な緑に惹かれて…色も、食欲をそそる大事な要因です。

130鮮やかなグリーン、ピスタチオの風味を120%楽しめる極上のマカロンでした。

美味しいスイーツは幸せを運んでくれます、ならば今こそこれを被災地の皆様にお届けしたいですね。

この日は、マカロンと一緒に広島からのお土産パンのおすそ分けもいただきました。

ドリアンのカンパーニュです。渋谷のスズカフェでも食べることが出来るとHPで見て出かけたことがありましたが、たまたまその日は品切れ状態…マカロンばかりでなく、このカンパーニュも感激でしたね。125

どっしりと、重たいタイプ。酸味は程良く、粉の香りが楽しめます。見た目よりずっと食べやすいです、サンドイッチはベストな使い道かもしれません。

124

少しざっくりした食感、逞しいお味…このパンを食べさせてあげられたら、きっと元気になってもらえるに違いありません。

海から、陸から、徐々に色々な方法で物資が届けられるようになっているようです。徐々に、こうした「食べなくてもいいかもしれないけど、食べたいもの」も入って行く日が来ることを願います。

「食べなくてもいいもの」は、心の潤いです。日本人は、戦後間もないころから飽食の現代まで、食費のうちの一定割合をお菓子に割いてきたという数字も出ています。

被災地の方にも、潤いを…届けられる日が早くやってきますように。

あたたかい家族の食卓を、願う(@三輪亭)

地震から、1週間経ちました。余震が続き、計画停電で通勤に苦労する日々…昨日はまた特別に寒くて夕方は電力消費量が増えるのではないかということで電車が減るということで急きょ早帰り!疲労は積もります。

でも、楽しかったことを思い出して、少しずつ通常モードに戻して参りましょう。元気出さないと、ですよね。

まず最初の思い出話は、半月ほど前のこと。

久しぶりに三輪亭さんに行ってきたのは、先月末でした。初めて訪問したのは、3年前…かな?某食通の会の会長がうなったという噂を聞きつけて、飛んで行ったのを覚えています。

17

世田谷の閑静な住宅街にあるオシャレなレストラン、なのに店内には子供用の椅子が?!

18こういうところは「中学生以下のお子様お断り」的なところも多いのに…実はこれが店主のこだわり。

イタリアとスイスの国境にあるチロル地方は麦も育たない貧しい土地柄、昔からありもので工夫しておいしい料理を作るという伝統があったのだそうです。子供たちに、美味しいものを食べさせてあげたいという母心、ですね。

スパイス交易の道中に当たるため、香辛料は手に入りやすいということもあって、保存性を高めた肉加工品などが食卓に上ることが多かったそうですよ。

19食べるものだけを、紹介するのではなく、その土地にその料理が根付いた心も一緒に持ってきたのが三輪亭さんなのです。なので、ここは家族が集うレストラン。お子様メニューもある、世田谷の家族のダイニングなのです。

110_2平日の19時くらいに訪れていた時は、それほど感じませんでしたが、前回は日曜日の17時半の開店と同時の予約…どのテーブルもお子様連れ、そして18時にはほぼ満席でした。日曜日の夜ごはん、そして子供と一緒は、この時間帯ですよね。

おばあちゃんも一緒の三世代家族もあり、賑やかでした。

オーダーしたのは、チロルの名物料理が満載のチロルコース。ホットワインに始まり、前菜盛り合わせ、そしてパンとリエットが続々登場しました。

辺りを見回すと、このコースのオーダーが多いようです。この店に来たからには絶対食べて帰らないと…というお料理がバランスよく出てくるので、店のまわし者ではございませんが、オススメなのです。

111

チーズの盛り合わせ

手前奥の黒いのがワカメを巻いて作るミワチーズ、店主の結婚を記念して創られたものなのだそうですよ。

113

奥のグラスに入っているのは、唐辛子のジャム甘辛い感じ?チーズとパンと一緒にいただきました。

112

シャルキトリー系の盛り合わせ、鹿などこの季節ならではのものも乗っていました。

114

チーズフォンデュ、野菜は愛知県の農場から直送、鮮度が違います。

115

パスタ2種…スパゲッティに慣れた日本人にはパスタという感じがしないかもしれないほど、1品目のパスタは、まるでムースのようでした。

116_2

2種目は、手でちぎったようなパスタ…女子には嬉しい「少量多種」

117

なんと、メインも2皿 ひと皿目は、羊のロースト羊の肉団子、グリル野菜もたっぷりです

118

肉団子と言っても、中身は挽肉ではないのです、ボリューム満点です。

そして、ふた皿目は…

119

自家製サルシッシャ、つまりソーセージ。熱々の鉄製フライパンで供されました。

最後のデザートは、お誕生月の私達へのメッセージつきで…

120

代表して、私がメイク・ア・ウィッシュで吹き消させていただきました。地震が来ることが分かっていれば…来ないようにと願ったのにね。

121 帰り道に3度目の正直で、初めて認識した駅前の招き猫…いつからあったのかしら?

また来てね、と言ってくれているようでしたが…「帰れるのかな」とヒヤヒヤする日々が終わらないことには、難しいかな。贅沢な望み、と、思いつつ…また、行くからね。

とにかく家族で食卓を囲みたい、と願っている人もいることでしょう。今日もそれが出来ることに、感謝。そして…

三輪亭の亭主が提供したいと願う、「家族の食卓」。1日も早く皆さまが、それぞれの席につくことが出来ますように。

大地震の中、パンを想う

計画停電、区域の中に入っていても実施されないところもあるそうですが…私のところは確実にされてしまうことが判明したので、パンの冷凍保存は当面出来ません。

今日は、駆け込みで会社至近のB.ricci bagels and moreさんへ。(いつもありがとうございます)

材料について不足など起きていないかと伺ったところ、小麦は西の方から仕入れているので入ることは入るのだが、やはり遅れはあるとのこと。致し方なしですが、頑張ってください!

深刻なのは、文京区のマールツァイトさん。一昨日、下記のようなメールが届きました。

(転載させていただきます)

マールツァイトのお客様へ
 
この度の東北関東大震災による影響のため、材料、電力その他の要因のより、当分の間休業せざるを得ない事となりました。

理由は以下の内容でございます。

1.当店の国産小麦粉は主に、岩手県、福島県から入手しておりますが、現在製粉会社との連絡もつきませんし、配送の見通しもついておりません。そのため小麦粉の確保が難しい状況です。

2.当店のパンには白州の天然水を使用していますが、潤沢な配送が確保できませんので、こちらも入手が難しい状況です。ミルク酵母は繊細な酵母で水との相性も重要な要素で、他の水の代用は好ましくありません。

3.現在、ご存知のように電力の供給が安定しない為、ミルク酵母の管理 及び製造が難しくなります。こういう状況でパンを作っても私どもの本来のミルク酵母パンが満足にお客様に提供できるか不安です。

以上の理由により、これらの点が全て、ある状況まで回復するまで、やむを得ず、休業せざるを得ない事となりました。

皆様方から数々のお問い合わせいただき、ありがとうございました。

なお、この期間でも、一定量のミルク酵母は管理をし、いつでも再開できるよう常に準備を整えておきますので、再開までお待ちいただき、今後ともよろしくお願い申し上げます。

(以上転載)

マールツァイトさん、作り手として納得のいかないものは出さない姿勢が素晴らしいです。ミルク酵母を大事に継いで、またあの美味しいパンを食べさせて下さいね。

そして…ワルン・ロティさんはどうしているのでしょう。ワルン・ロティのパンは、岩手の契約農家で特別に栽培してもらっているコユキコムギ、産地は大変なことになっているはず…とりあえず大和田さんのブログによると、ワルンロティは平常通り、平泉の「きんいろぱん屋」さんも、なんとか、かんとか、やっていらっしゃるとか。一安心です。

店主の大和田聡子さんには、主宰するパンの会の発足当時に講演をお願いしたり、お世話になっています。もともと彼女のパンの大ファンだった私が、参加したパン教室で突撃でお願いしたところ、快く引き受けて下さって実現したのでした。

会の段取り的には不慣れでご迷惑おかけしてしまいましたが、その時も、お父様が「国産小麦でパンを焼く」を目標に研究を続けて作りだしたコユキコムギへの愛情が伝わる素敵なお話しを聞かせて下さいました。

主婦でいられた彼女をパン屋さんにしたのも、その想い。そんな彼女の物語が、昨年春から夏にかけて漫画になって「週刊漫画サンデー」で連載されていました。そして、先月末に単行本になったところです。

15_2

16

開店、そして最後に、なくなりかけたコユキコムギの栽培のために岩手を奔走する姿も描かれています。情熱が、農家さんを、そして役場の方を動かして、このブログでもご紹介した「きんいろぱん屋」さんが誕生しました。

停電中にもかかわらず、がんづき、ドーナッツ、おやきなどを作って販売していらっしゃるとか…スタッフのみなさんの情熱は、大和田さん譲りですね。頑張って下さい!

それぞれに、乗り越えなければならないものを抱えていらっしゃるのだと思います。お互い、頑張りましょう。

大地震で、思うこと

昨夜は「計画」通り、18時40分ころから1時間とちょっと、停電になりました。

電気のない暮らし…産まれてから、今日までで、初めて体験…運よく職場の上司が早めに帰してくれたので食事も身支度も全て済ませていたので、布団でまるくなってやりすごしました。なんといっても、暖房器具も使えませんから!

かなり、心細いです。もし、ひとり暮らしなら…想像したくなくてやめました。

地震から5日が過ぎ、思うこと。モノの本では読んでいましたが、本当にこういう時には人間の資質があらわになる気がします。

被災地の人々に比べれば、「計画」的な停電など対策もできるしたいしたことではないのに。毎日の通勤ラッシュも、パンが備蓄できないことも、たいしたことではないのに。やけに疲弊している私がいます。

本当に大変な人を、思いやれているのかしら…つい自分のことでいっぱいになってしまいがちで、不安になります。

こんな時なのにPCににたくさん入ってくる迷惑メール、携帯メールでのさりげない励ましの一言…誰が本物で、誰がそうでないのか、誰が大事で、誰がそうでないのか、そんなことも、こういう時に分かるのかもしれません。

情報も、錯綜しています。安心材料もあれば、不安になることもあります。冷静に見極めて、判断できているのか…判断するには、体力がなくてはなりません。

体力をつけるためには、食べなくてはなりません。関わってきた、食というものの重要性も、改めて考えさせられています。

大地震、その後

通常モードに戻ろうと、努めてはみたのですが…ちょっと逆戻りです。

昨日は出勤はルートを変えて倍以上の時間をかけ、到着とともに片づけ開始。3時間ほどで一応なんとか…その後、破損した機器などをチェックし、新たに購入すべきものがあれば手配などしなければ、と思いつつその他の通常行わなければならない業務に追われて終了。

帰途は通常ルートが途中まで動いていたものの、最後2駅分の移動がどうにもならず、親にヘルプを求めて帰宅。やはり倍以上の時間がかかりました。

地震当日に非常に困ってしまったので、毎日「帰れるのか?」と不安な気持ちを抱えながら動いています。皆様も、きっと同じでは…肉体的精神的疲労、続きますね。

でも、被災地の方々に比べたら些細なことです。寒さも厳しい中、もし自分がそこにいたらと思うと何かしなければと思わされます。

小さなことですが、節電から始めました。電気ポットでお湯を沸かさない、テレビは1台で必要のない時は付けない、こまめにコンセントを抜く…こんなことしか、出来ませんが…頑張ってください。頑張りましょう。

突然訪れた非日常に、体調など崩されないようお気を付け下さい。

鳥取美味〇選23 “しゃぶしゃぶわかめ”

出社1日目…会社の「有様」にまだ心の余震が収まらない私ですが、こんな時は空でもいいので元気を出していかないとですよね。無理にでも通常モードに切り替えて参りましょう。

地震モードの最後です。暗くて寒い夜道を歩いていた時に、私を支えてくれたのは安否を気遣って下さった方々からのメールでした。電池が切れそうで返信もままならず失礼してしまいましたが…本当にありがとうございました

さて、復帰第一弾(?)は鳥取の美味をお伝えするあのシリーズです。

今回は地震の夜歩き通しで大変だった皆様、今日からの通常勤務の皆さまに力をつけていただける有限会社いけがみさんの「しゃぶしゃぶわかめ」、お餅です(社)日本フードアナリスト協会ファンサイト応援中

15

あら?いけがみさんって?と思った方、大正解です以前ご紹介した「生クリーム大福」もこちらの商品でした。

今回はお食事仕様のお餅です、薄く薄~く切られているので、短時間で火が通るのがやはり第一の特徴でしょう

それもそもはず、このお餅はユーザーからの「しゃぶしゃぶの肉のようにすぐに火が通るお餅が欲しい」という希望を叶える形で開発されたのだとか…2.5ミリと言う薄さで、「茹でて美味しい」食感と味わいを作りだしています

ほらね、とろーりでも、しっかり食感も残っています

15_2

あまり、いい写真が撮れなかったので…HPから拝借

120081130172133

もちろん原材料は、鳥取県の有機米。それに御来屋産の天然わかめで独特の風味を加えています。

お鍋の他にも、お味噌汁に入れたり、トーストにチーズと共に乗せて焼いたり、お好み焼きに乗せたり、色々な使い方が出来ますよ~工夫してみて下さいね!

食のみやこ鳥取プラザの皆さんにも地震お見舞い申し上げます。1階で「」を買ったら、「ブログを見た」と言いましょう。先着50名様にお鍋にも使える「サントリー奥大山の水(500ml)」1本をプレゼントですよ(食のみやこ鳥取プラザについてはこちら

皆さま~、力つけて、頑張って参りましょうね…(あ、最後の「…」は力ない感じだわ

大地震の翌々日

皆さまのご家族ご親族その他、大事なお友達、などなどご無事でいらっしゃいますでしょうか。被害に遭われた皆々様にお見舞い申し上げます。

昨日の地震の爪痕、とはまだ収まっていないので言えないですが、かなり深いものとなったようです。私自身も「必死」ではあったのですが、家族や家も大きな被害はなく過ごせたので幸運でした。

昨日の朝、3~5割の運行本数&徐行運転の電車の中では、携帯電話で「家族が被害に遭って…」と話している方がいらっしゃいました。テレビでは、津波の信じがたい映像も流れています。地震は自らの力で避けられない災害で、そしてこんなに恐ろしいものなのだと改めて感じています。

携帯にはたくさんの方から安否を気遣うメールをいただきました、確認し合った人たちの中には、出張でたまたま新潟にいた方もいらっしゃいました。逆に土曜日から出張で山形に行くはずだったという方も…新潟の方も無事だったので良かったのですが安否を決めるのは本当に偶然なのだとも思わされています。

ただ、出来る備えもございます。水を汲み置いたり、食糧を備えたり、今後何かあった時の連絡方法を決めておいたり…備えあれば、憂いなし。やりすぎだったとしても、後で「あれはやりすぎだったね」と笑い話にすればいいだけのことです。まだ余震も続いています、くれぐれもご用心ください。

大地震の翌朝に

東北・関東の皆さま、昨日は大変なことになりましたね。

私は、その瞬間電車の中に居ました。最初はたかをくくって座った席から離れようとしなかった乗客達が、「何か様子が違う」と席を離れだしたのは、余震があってからでした。

私も、そのひとり。まったく有事への心構えができていないのですね、どうせすぐにまた動くさ的な気持ちでした。

それからは、皆さんと同じで家に帰るのにとても苦労しました。
昨晩は、たまたま友人の家の前を通りかかったので、ヘルプを求めたところ、泊もらうことができたので寒い夜を暖かく過ごすことが出来ました。(感謝

その友人宅の前を通りかかったのは、ある方が「電車が止まったようですね、帰れなければ○○にマンションがあるので泊まってください」とメールをくれていたからでした。あまりに遠いので、自宅まではまず無理…でも、そこまでならなんとか、と大通りを歩きだしたところで友人宅がその道沿いにあったのです。

携帯電話は通じず、メールも新着問い合わせをしなければ入ってこない状態の中で、まさに「地獄に仏」でした。携帯の電池も、まもなく切れてしまうところでした。

ありがとう、泊めてくれた友人の心づくしの朝ご飯は、記憶に残る、最高の朝御膳になることでしょう。

15

電車が動き出しました、いまから帰途についてみます。

ご当地弁当2種、そしてリンゴ

お仕事で、みなとみらいへ

横浜辺りって、なんとなく雰囲気違いますよねぇ。新しい中に古さが同居しているというか、なんというか…好きな街のひとつです

この日は忙しくてお昼御飯が食べられないであろうことが分かっていたので、予め駅でお弁当を購入、「シウマイ弁当」ですよ~

1314

ヨコハマと言えば、のご当地弁当でもありますが…なんでも、一緒にお仕事していたTさんの思い出のお弁当なのだとか…下の写真のおかず部分のほぼ中央に埋まっている杏を見て、「そうそう、なぜか杏が入ってるんだよね、懐かしい~」と盛り上がってました。

私の小さい頃の思い出の食べ物は、アメリカンドックだなぁ…うちは外食はしないし、出かけるときは母の手製の弁当だったので、外で何かを買って食べるのはとても珍しいことだったのです。でもプールに出かけた時には、お弁当の他にアメリカンドックを買ってもらえたのですなぜ?その辺りは、良く分からないのですが

17あの体に悪いくらいかけまくったケチャップの味とか…懐かしいなぁ

彼女のこのお弁当も、そんな存在なんでしょうね。

お醤油の入れ物が、昔はひょうたん型の「ひょうちゃん」だったのに…と嘆いていました。確かに~

嘆くな、友よ。私の思い出のアメリカンドックのプールは閉園になったぞ

ご当地弁当つながりでもう一品は、高崎の「登利平」さんの鳥めしです

16

こちらは、なんと大正時代から引き継がれている味なのだとか…地元の方々には「何かある時には“登利平”」と親しまれているのだそうですよ。

17新しくJR高崎駅に出来たいわゆる駅ビル的な施設には、座って食べられるお店とお弁当を販売するお店の2種類があるということからも、その愛されっぷりが伺えます。

ナプキンのイラストもいい味出してますねぇなによりもいいお味なのは、半世紀も受け継がれているというタレのお味…ごはんにそのタレが沁み沁み

薄く切った胸肉と、食べやすい大きさに切られたモモ肉の2種が入った「鳥めし 松」をいただきました。おばあちゃんとお孫さんが、何かの行事の時に「美味しいね」と言っている風景が思い浮かぶような、どこか懐かしい味がしました

18タレばかりでなく、鳥にもこだわりがあるとか、ないとか…お店の入り口横のメニューサンプルの飾られたケースの中には、鳥さんの絵が飾られていましたよ。

そして…そのケースの左上には、ぐんまちゃんも

19_3ぐんまちゃん、「群馬」の馬なんですよ。色合いからロバと思っていた方もいるかもしれませんが、馬ですからね~

小さなお子様にサービスがあるとのこと…内容は、ご自身の目でご確認くださいませ

さてさて…ちょっと感慨にふけってしまう食べ物繋がりで…今年もいただいた長野の友人からのりんご

110

ほんの一時期、同じ会社で働いた仲間…怖いくらいの忙しい日々を濃~く一緒に過ごした「戦友」です。先に辞めてしまった私の送別会に、遠くからかけつけてくれたKちゃん。辞めた後も、毎年ご実家で取れたりんごをありがとう

今年の年賀状は、昨年生まれたお嬢さんのかわいらしい写真付でした幸せのおすそ分けも、ありがとね~

あの頃の生活を、また出来るかと言われたら…う~ん、どうかなぁでも、また彼女達と一緒なら、出来ないことも出来るかもね

あの頃のこと、あの頃の仲間、りんごが届くたびに思いだします。他の仲間も頑張っていると聞いてるよ、私達も…負けてられないね!

私のカメラには、食べ物の写真しかないとよく言われますが…食べ物の写真には、その時の思い出も一緒に写っていたり…いなかったり…しているのです。決して、言い訳では、ございませんよ

大船、八王子パン屋巡り6@麦むぎ工房

大船、八王子のパン屋巡りの旅に戻りましょう。

1日あいたので、ざっと復習しておきますと…只今大船で3軒、八王子でとりあえず2軒をまわったところです

八王子3軒目は「麦むぎ工房」、ネットの予習では「八王子一安全なパン」とも評されているお店です

151

八王子市民会館の近くにあるのですが、 お店に向かっていた14時ごろにはその市民会館からと思われる人々がゾロゾロと駅に向かっています。

何やらイベントがあったようです。凄い集客力があるのですね~その影響でパンがスカスカになってたら大変です

156良かった、まだありました~

お店の中は、正面がカウンター形式でショーケースの中には小型のパンが並び、上にはオリーブオイルや蜂蜜が乗っています。

152向かって左の棚には、ローフ型の大型パン。袋詰めされているので、手に取ってカウンターに運びます

このお店が八王子一安全と言われるのは、有機無農薬、手作りにこだわるから…カウンターのケースの上には麦の粒が飾られていて、その瓶にはこの粒の状態で仕入れて、自らの手で粉に挽いているのだと明記されていました。

157徹底したこだわりっぷり!これはかなり…職人気質のご主人なのでは?!

と、思いきや…レジでの対応は「職人気質」という言葉から想像するものとは程遠い、とても感じのいいものでした(どんな想像していたのか

ひとりひとり、質問に答えたり、話しかけられたことに応対したり、ご主人の接客には味があります。待たされても、皆納得してしまうような、ゆったりした空気が自然と流れています

450

一番人気だという、山型ぶどうパン…やさしいお顔をしています。

153

スコーンも伸び伸びと膨らんでいます、こちらも人気が高いとか…そう言われてみればもう、クランベリーしか残っていませんでした。

ここのパンはどれもおおらかで自然体…食べてみたいと私の体が欲しているような気さえしてきます

159丁度お客さんが途切れたので、ここでもちょっとお話し伺ってきてしまいました

素材や作り方へのこだわり、そして人との繋がりなど、お話しを伺えば伺うほどに「パンには作り手の人生が表れているのだな」などと思ってしまいました。

作るものって、パンではなくても、そうなのかもしれませんね。

ぶどうパンやスコーンと共に人気の高いベーグルを3種ほどゲットしてみました。ふんわりだけれどモッチリした食感もバッチリというベーグルはサンドイッチにして食べたい気がしましたね。

154_2そして、こちらの焼きカレーパン

中に入っているカレーフィリングはもちろん自家製ですが、そのレシピは高尾にある「これく亭」というカレー屋さん直伝のものなのだとか…。

155ご主人が、その美味しさにほれ込んで伝授を懇願し、願いかなって教えてもらったものなのだそうですよ。人懐こい笑顔のご主人の押しの強い一面も垣間見るエピソードに思わずそのお店に行ってみたくなってバスの時間を調べてしまいました

残念ながら、「これく亭」さんは14時半まで…間に合う便がなくて諦めましたが、ここは是非訪れてみたいお店ですね~

さてさて、パン屋さんはここまでにして…我々は旅の疲れを癒すべく八王子駅至近の温泉施設へ

2時間半も、の~んびりした後に帰途につきました。極楽~

160

本日の戦利品達…素敵!と感激する間もなく、ラップに包み冷凍庫へ入れる作業が待っています

本来なら、全部常温保存で大丈夫なうちに食べてあげたいのに…ごめんなさいね。でも、大事にこの旅の楽しかったことを思い出しながらいただきますからね。

今回も大満足、充実の旅でした~

鳥取美味〇選22 “エスニック ビーフシチュー”

鳥取の美味をお伝えするシリーズ、前回のブルーベリーコンフィチュールに続き、大好きなパンによく合うもので続けて行きましょう!

ちょっとゴージャスに…豊田アストリア有限会社さんのエスニック ビーフシチューです(社)日本フードアナリスト協会ファンサイト応援中

21

「鳥取県黒毛和牛」、というだけでもう美味しくないはずがない1品…そうなんです、鳥取県は江戸時代(寛延2年、1748年)には因幡と伯耆の2州で、牛が約2万頭飼育されていたという記録があり、「因幡牛・竹田牛・日野牛」などの良牛の産地として名を馳せた土地なのだそうです

明治時代にはスイスからブラウンスイス種が輸入され改良が進み、体形,早熟性などの面でよいところを掛け合わせた改良和種、「因伯牛」が誕生します。その血統を固定するために、全国に先駆けて「和牛の登録事業(和牛の戸籍管理)」に着手した鳥取県、そして「因伯牛」は九州、東北をはじめとする新しい産地に多くの種牛を供給するようになったのだとか…つまり、「元祖和牛」とも言える?すごいですね~

22そんな歴史のある、鳥取県の黒毛和牛を100%使用し、独自のアジアンテイストを加えたビーフシチューがこちらの「エスニックビーフシチュー」、箱には「エスニックスパイスの芳醇なカレー風味」との記述も…一体どんなお味なのでしょう

さらに、よく見るとこの商品は昨年の特産品コンクールで優秀賞を受賞したとか、しないとか(しています)これは楽しみ~

レトルトなので、調理は湯煎するだけ温野菜を添えたり、生クリームをかけたりすると見栄えもバランスも味わいもさらに良くなるみたい…私は人参グラッセとブロッコリーを添えて食べてみました

う~ん、簡単そして本格的

23

「一流レストラン・ホテルのコース料理に負けない自信の作品です」と、書いてあったようにゴロゴロっと大きな塊で入っている和牛と一緒に煮込まれた野菜のうまみが凝縮したソースの味は…デリ~シャスレトルトとは思えません

24

パンが進む~、写真のカンパーニュの他にセーグルやレーズン入りのものなど多種でじっくり味わってしまいました。ちょっと個性的な味わいなので、意外とセーグル100%などというのも相性がいいみたいですよ。色々用意して、好みを見つけるのも面白いかもしれません

奥深い香りがまた、エキゾチック…カレー風味とはこのエスニックなスパイス遣いを言い表したものだったのね

濃厚なソースを残さずに拭うのにも、パンが最適?!最後まで大変おいしくいただきました

食のみやこ鳥取プラザ1階で「エスニック ビーフシチュー」を買ったら、「ブログを見た」と言いましょう。先着50名様に食後のコーヒーを入れるのにも使える「サントリー奥大山の水(500ml)」1本をプレゼントですよ(食のみやこ鳥取プラザについてはこちら

大船、八王子パン屋巡り5@boulangerie Salle de Bains

八王子2軒目、トータル5軒目は「boulangerie Salle de Bains」。

144

「Salle de Bains」とは、つまり「Bath Room」。そう、お風呂場のことですなぜパン屋が風呂場なのかというと…こちらはもともとお風呂関係の施工業を営んでいらしたのだとか…

143ね、おとなり…いまでもお風呂関係のアレでソレで、そしてそこに看板があるのはこういうわけなんだそうです

私とツレがお店に到着すると、一人の男性がお店の外に立っています。なぜ入らないのかしら??と不思議に思い、うっかりドアを開けたら…こりゃ失礼、中はひとりお客さんが入ったらもう満員なのです。

145で、その方は外で並んでいたのでした

「すみません、それで並んでいらしたんですね」と詫びる私達に余裕の微笑み…どうやら常連さんだったみたい。なるほど、慣れていらっしゃる!

オーナーシェフの妹さんとお母さんと思われる方が、接客担当です。丁寧におススメ商品や食べ方などを紹介して下さいました。

例えばこちら、シ―ドルのパンは週末限定!これは…見逃せませんよねぇ。その他、アメリという映画にちなんだパンや、季節素材を使ったパンなどがコンパクトな店内のショーケースや壁面を有効に使って多種陳列されています

147

146

150

かわいいなぁ、こういうセンス…憧れます

148丁度行った日までだったガレット・デ・ロワ

気になったけれど、これはさすがに買えないもうそろそろ両手にずっしりと荷物が~パンって数が多くなるとかなり重たくなるんですよね

149愛らしい胚芽ちゃんなどにも、後ろ髪引かれながら、さらにもう一軒

欲張りな旅もはまだまだ続きます

続きは明後日…

大船、八王子パン屋巡り4@Boule Beurre Boulangerie

先般シリーズでお伝えしていた「大船、八王子パン屋巡り」…あれ?大船で終わったぞ?と思っていた方、いませんか?

はい、大正解でも、いったんお休みしていただけですよ~(横浜線で移動中だったということで?!)

ということで、再開で~す大船から一度横浜に戻り、そこから横浜線で1本。1時間弱の移動で八王子に到着

まずは「Boule Beurre Boulangerie」へ!

134

あれ?なんか…横に広い??i以前は写真右奥の赤い扉の部分だけだったような、気がするのですが…青い部分ってあったかな?

135 私に記憶に間違いがなければ、昔は赤い部分だけだったはず、なのですが

ま、いっか。

140この看板かわいいクロワッサンが笑ってます

そして…

ドアを開けて中に入ると、パンが山盛り~綺麗なパン、師匠Sシェフを彷彿させる素敵なパン達がスタイリッシュにレイアウトされています

139おや?あの壁のポスターは…なんて、そのことばかりでこのお店を見てはいけませんね。

どれもこれも、素晴らしく美しく成形されていてウットリしてしまうものばかり…

バゲットなどのハード系はバリっと堅めのクラストの歯ごたえが、織り込み生地は層を見ただけでザクッとした食感が、どちらも想像できてしまいます

ガレットやデニッシュ(ダノワーズ)は、1つ1つ乗っている具材が違うという芸の細かさもトレビア~ン

すごいですね~、凝ってますね、買い手としてはめちゃ嬉しいかも

142141

和素材のハード系、「わかめちゃん」を買いながら「隣にカツオくんとかタラちゃんとかあったら面白いねぇ…」なんてツレと言っていた私次にもしどなたかそんなものを見かけたらこの日をきっかけに生まれたのかも?!

137その他、くるみ胡椒とリュスティックを購入…リュスの気泡クラムの瑞々しさもう「素晴らしい」以外の言葉では言い表せません

161本当は、デニッシュ系も買いたかったのですが…ザクザクものはその日のうちにいただかないと台無しになってしまうので断念あぁ、1時間くらいじゃお腹はこなれない~4つとは言わないまでも、せめてもうひとつあればなぁ。

そんなことで、八王子はお持ち帰り品のみをゲットすることになりそうです。

そして…次へGO

鳥取美味〇選21 “ブルーベリーコンフィチュール”

鳥取の美味をお伝えするシリーズ、ついに21回目!いや~、続きますね~

以前にも「農業生産法人アグリ琴浦」のブルーベリージャム、「朝の贅沢」をいただきましたが、今回は株式会社大山ブルーベリーさんの「ブルーベリーコンフィチュール」でまたまたブルーベリー(社)日本フードアナリスト協会ファンサイト応援中

17 まぁ、可愛らしいラッピング

春を感じさせる花柄、手にした瞬間にニッコリしてしまいました

大山ブルーベリーさんのラベルはストレートにブルーベリーのイラストです。リスさんも可愛らしかったけれど、分かりやすくていいですね。無添加の文字も目立ちます

18 ブルーベリーを栽培していらっしゃる農家さん、多いのでしょうか。ジュース、ジャムではブルーベリーだけだったので、もしかしたら県で栽培を推奨している果実なのかもしれないですね。

将来的には山形県のサクランボ、鳥取県のブルーベリーなんてことになるかも

6

この大粒のブルーベリーは自家栽培、収穫なのだそうですよ甘さ控えめで、素材の風味が豊かに感じられます

ちょっと、ブルーベリーについても調べてみました(あら?学術的な記述が

青い色の素は、アントシアニンという天然の色素なのだそうです。人は目を使うと、網膜にある視細胞を構成するロドプシンが分解されてしまうのですが、アントシアニンには、このロドプシンの再生を促進する効果があると言われています。よく「ブルーベリーが目に良い」といわれるのは、このためなのだとか、そうでないとか…

7

また、ブルーベリーは抗酸化力が強く、体内で発生する活性酸素を抑制する機能が高いのだそう…活性酸素は生活習慣病の原因、老化の促進、発ガンのきっかけになりうると言われているので、つまりそれだの予防や防止の効果も期待できるというわけです

さらにっ!ブルーベリーには、毛細血管を強くしたり、血小板の凝固を抑制する効果もあり、その上食物繊維含有量も豊富で、整腸作用、便秘改善にも有効(これは女子には嬉しいですねぇ)

あらら、調べれば調べるほど、ブルーベリーっていいじゃないですか私の場合、ジャムはパンを食べるのに必要なものなので、定番でいただきたいものですね。

特にこのブルーベリージャムは粒々感がすごいので気に入りました、いっそのことコンフィチュールではなく、コンポートと呼んだほうが?というくらいの瑞々しい粒

これ以上は私がどうこう言うより…実際に食べてみてくださませ

食のみやこ鳥取プラザ1階で「ブルーベリーコンフィチュール」を買ったらブログを見た」と言いましょう。先着50名様に朝ごはんでパンと「ブルーベリーコンフィチュール」と一緒に飲むコーヒーを入れるのにも便利な「サントリー奥大山の水(500ml)」1本をプレゼントですよ(食のみやこ鳥取プラザについてはこちら

銀座マカロン by 西洋銀座、再び!

桃の節句ですね、ひなあられや桜餅の日ではございますが…私の大好きなスイーツ、マカロンの話題で失礼

買ったり、いただいたりレストランで食べたり、結構数は食べている方だと思うのですが…中でも「銀座マカロン」は私の中では秀逸

おフランスあたりの本格派かと言われたら絶対にNO、これは日本人が日本人のために作ったマカロンだと思うのです。もちろん、おフランスの伝統をベースにして。

その「銀座マカロン」がまた手に入ったと連絡が…行きます!何があっても、何をおいても、親を病気にしてもっ!

15 17

なんと!今回は豪華2段重ね12個入りですよ~素敵すぎる、今年の運を早くも使い果たしたか?ってくらい

この、色合い、薄さ、全てがイラストにも書かれているガス灯が灯っていた頃の銀座のモボ、モガにぴったりのチョイとレトロモダンな感じなんでイイ

16控えめに見えて、食べたら凄いんですよ~

全部食べてもいいよ、くらいのすすめられ方だったんですが…貧乏症でもったいなくて2個しか食べられませんでした

18ぷりっと膨らんだフォルムが愛らしいタイプとは違ってスリムなボディ、でもクリーム割合から言ったら皮:クリーム:皮=1:1:1ですからかなりみっちりクリームが入っていることになりますよ

そして、そのクリームの中に入っているレーズンが激ウマどうしてこの薄さの中にこんなに立派なレーズン様がいらっしゃるのかしら、というくらいのものが埋まっております

19

ね~、すごいですよね。このレーズンとクリームのハーモニーを、皮がさりげなく包み込んでいるのです。控えめな甘さも嬉しい日本のマカロン

12個入りだと3000円くらいするらしいですでも、たまには贅沢も必要よね!やっぱり私は好きだなぁ

ちなみに、期間限定味なんていうのも時には出ているらしいです。2月はチョコバナナでした~(逃したっ)、春限定桜味なんてのも出るかしら

いつもありがとうございます、ご馳走様でした~

ガリガリ君、はちみつレモン

冬だってガリガリ君!相変わらず「美味しく、楽しく、馬鹿馬鹿しい」がツボにはまっています

118

いまは「はちみつレモン」ですよ何やらゲームとコラボしたはちみつレモンもあったんですけど…うっかりフツーのはちみつレモンを買ってしまいました

119ツレは「お年玉当たる!!」に惹かれて、前回紹介したミルクミルク。え?お年玉?最後の1本とかだったのかしら

そう言えば、最近もらわないよね、あげるばっかりだよね、なんてしみじみしながら食べてました~

120確かにね~、そろそろ貰わないよね昔はお正月におばあちゃんの家に行くのが楽しみだったもので…ちゃっかりした子供だったのね

(後日確認したところ、残念ながら赤城乳業さんからのお年玉はもらえなかったようです)

で、肝心のはちみつレモン…

124

う~ん、昨年夏の梨の出来が良かったからな~。これは…はちみつレモンっていうことが分かる、確かに、って感じでしょうか。

ま、でも冬のガリガリ君としては、いい感じです。少し甘めでヒヤッと感が控えめなところがね

本領発揮は夏ですから!でも私は季節を問わず食べてますよ、ガリガリ君これからも馬鹿馬鹿しいのよろしく

鳥取美味〇選20 “山うどの粕漬け”

鳥取の美味をお伝えするシリーズ、なんとっ!(小さい「つ」が肝心)20回目です

きっかけは、あの鯖鮓…おかげ様で実際に鳥取県を訪れたり、美味しいものを20種類も発見できたりと人生が豊かになりました(大袈裟か?)何がきっかけになるか、分からないものですね

さてさて、今回ご紹介するのはこもれび館大山の森さんの「山うどの粕漬」です(社)日本フードアナリスト協会ファンサイト応援中

15_2

なんでも、地元鳥取県では大山に古くから伝わる漬物だそうですよ。手間暇かけて漬け込んだ山うど、山の春の香りがいっぱいです

16_2春はこの山うどのように、エグ味のある食べ物が美味しくなる季節、それにはワケがあることをご存じでしょうか。

太古の昔、冬は食料が激減してしまい人類にとって「生命の危機」ともなりうる状況となってしまう季節でした。その頃の記憶は私達の体に深く刻まれており、この飽食の現代でも冬には「いつ食べられなくなるか分からない」と、体が何でも溜めこもうとしてしまうのです。

春を迎えると、「もう大丈夫!」と体はいらないものを排出し始めます。その時に有効なのが、エグ味のある食物。だから、春にはタケノコや山菜などがたくさん出てくるし、美味しいのです

17_2 自然の摂理ってちゃんと仕組まれているんですね、素晴らしい

うどには日に当てずに育てられた白いものと、自然に育った山うどがあります。今回の粕漬に使用されているのは、後者の山うど、すがすがしい芳香と特有のアクがマッチして真の山菜の味が楽しめます

一番外の包装を開けると、中には生産者さんからのメッセージ。美味しく食べるには、粕を洗い流さないことがポイントらしいですよ

2 長いっごく一般的に家庭で使われるまな板の斜め対角線で収まりきらない長さです

茎の方は結構しっかりした太さがあります、ちょっと固め。それとは対照的に、上の方はとても柔らかくて細めです。

部位によって、食感や味わいも異なるのでは?!これは、面白そう~

ご指示通りに、斜め切りう~ん、酒粕の匂いで唾液がこれはご飯やお酒を誘いそうです~

3

まずは、茎の方から…シャキっとまではいきませんが、食感もしっかりとあって…何よりオトナ味のエグ味が光る

4思った通り、上の部分とは全く味わいが異なります。芽の方は柔らかくてエグ味も茎よりは穏やかです

1本で2度美味しい?というか、真ん中は中間だし…色々な味わいがあります

酒粕の風味もいいお子さんにはちょっと難しいかもしれませんがオトナにはたまらない味わいですね

5酒粕、捨ててしまうのは惜しくて使っています大好きなはんぺんに塗ったり、お味噌汁の上にひと匙置いたり。

飲む人なら、この酒粕だけでイケますね

この酒粕のもととなったお酒、きっと美味しいんだろうなぁ…もしや、あのお酒?などと妄想しながら食べさせていただいてます

あのお米と一緒に、是非食べていただきたいお漬物…食のみやこ鳥取プラザ1階で販売中でございますよ

「山うどの粕漬け」を買ったら、「ブログを見た」と言いましょう。先着50名様に「サントリー奥大山の水(500ml)」1本をプレゼントですよ(食のみやこ鳥取プラザについてはこちら

【緊急告知】限定クロワッサンを狙え!@ドミニク・サブロン

昨日3月1日に、ドミニク・サブロンさんの来日に合わせて赤坂のヴィエイユ・ヴィーニュ マキシム・ド・パリにてプレス交流会が行われました

16_2

来日は27日、その日から銀座店に足を運ばれたサブロンさん…お疲れでしょうに、精力的に動かれるところがさすが!

マキシム・ド・パリとの提携で、いまや12店舗を展開するドミニク・サブロン全店を短い期間に全てまわるにはこのくらいしないと?!なのかもしれないですね

18_2この日は、赤坂近辺にいらしたご様子…東急キャピトルタワー店を訪れたとおっしゃっていました。

プレスの皆さんともなかなか親しくお話しする機会がないので…と、企画して下さった交流会時間的には1時間と短めでしたが、スライドを見ながらパリのお店のお話しをして下さったり、パンに対する考え方を改めてお話し下さったり、パリのお店にあるイートインコーナーで提供されているというタルティーヌ製作をサブロンさん自らがデモンストレーションされるなど、盛りだくさんの内容でした

17_3全てフランス語なので、何を話されているかは通訳さんを待たないと分かりませんが…内容は分からなくても伝わるものってあるんだなと実感したのは、最初は固かったサブロンさんの表情がお店の話をし出した頃から、急に生き生きとして声にも張りが出てきたこと

この方は、本当にパンを愛しているのだな~ということが言葉ではなく様子で感じられました

パリのお店も、赤坂や新宿のお店と同じで、ショーケースの中にパンが収められて、バックに大型パンの棚がある作りです。それを、「パンの図書館」と仰っていたのも印象的…図書館は、博物館や美術館とは違って誰もが気軽に入れて本を手に取ることができる場所。きっとサブロンさんが「図書館」にお店を例えるのは、そんな存在になりたいという想いもあるのではないでしょうか

素敵なニュースもありましたサブロンさんは、今年2011年の2 月にフランスで「PUDLO」(ピュドロ)というミシュランやゴーミヨのようなグルメ本にパン屋さん部門で掲載されたそうです「PUDLO」には、レストランに限らず、パン屋さん、お菓子屋さんなど各種の食のお店が掲載対象です。美食の都、パリ選りすぐりのパン店として選出され、表彰式ではその栄誉の証のコックコートが授与されたのだとか…おや?いつもとコートが違うと思ったら

15_2

サブロンさんのお話しの後には、マキシム・ド・パリの寺川尚人社長からビッグニュースも発表されました

なんとっ!ゴールデンウィークには関西初出店となる「ドミニク・サブロン マルシェ・エ・カフェ ルクア大阪店」がオープンするのだそうです

マルシェということはピックアップ方式、そしてカフェ付きの新宿ルミネ的なお店になるのですね~なんでも、ルクアは20代~30代の若い女性がターゲットのファッションビルなのだとか…大阪駅に隣接しているという絶好の立地!出店を希望するベーカリーさんも多かったそうですよ。でも…なんと、それらを置いて、経営サイドのJR西日本さんからドミニク・サブロンさんに出店オファーをされたと、大阪からいらしていたご担当の方から打ち明け話がありました。

すごい!こんな熱いラブコールを受けたら、もう答えはイエスしかないですよね

でも…いままでは東京、関東で展開していらしたのでご苦労もあることでしょう。皆さん、頑張って下さい!

111

数は増えても、品質を落とさずにやっていられるのは榎本シェフがいるからこそ…とサブロンさんは会の中で日本で総指揮をとる榎本シェフを労われました。

この信頼関係、素晴らしいですねきっと大阪でもサブロンファンが増えて行くこと間違いなし?!JRのご担当のかたも、今日のお話しや試食でそれを確信されたそうですよ

そうなんです、試食…サブロンさんが実演されたタルティーヌがいただけたのです

115116

配布された資料の中には、レシピも入っていましたこれで家でも?でも食べにカフェに行く方が得意だわ

さらにっ!(小さい「つ」が肝心)

19_2

なんとなんと、パリのお店で好評だというプラリネクロワッサンをいただいちゃいました~

113この端っこの溢れたプラリネクリームが特にいいっ!サクサクッと焼き上がっているんですよ~

114中心にもたっぷりとクリームが貫通しています

ダマンドとはまた違う、香ばしいクリーム…このクロワッサン、来日中のサブロンさんがその日に訪れるお店限定で販売しているのです

サブロンさんは明日3月3日には帰国…つまり、本日がラストチャンスです! なので【緊急告知】、だったわけですね

本日のサブロンさんのスケジュールは、13:00~14:00 ドミニク・サブロン 赤坂本店→15:00~16:30 ドミニク・サブロン 成城学園前店だそうですよ。ご本人がいたらツーショットもお願いできたり、できなかったり…しますよね、Rさん

繰り返しになりますが、プラリネクロワッサンは本日赤坂店と成城学園前店にて販売されて終了です。食べてみたいという方は急げ~(回し者か?)

そうそう、もうひとつニュースが…上野店のオープンのあたりから始まったキティーちゃんとのコラボ商品?!今度はバゲットバックですよ

110

サブロンさんは、こうしたお子さん方にも人気のキャラクターとタッグを組むことによって、子供たちが素材にこだわった健康志向のドミニクサブロン自慢のパンを口にするようになってくれれば、それはすなわち食育にも繋がるとこのバッグをお気に入りなのだそうですよ。いまのところ日本限定販売ですが、フランスにも持って行きたいと仰っているとか…キティーちゃんはフランスでも人気があるんですってね!

サブロンさんは、年に2回は日本のお店をまわりにいらっしゃるのだそうです。またお会いできるといいな…ありがとうございました

痺れる~、旨辛四川料理@中国名菜 陳麻婆豆腐

赤坂東急ホテルのあるビルの2階から下は、東急プラザといって商店街になっています。一昔前、テナントがどうだのこうだのと友達が走り回っていたな~

その2階には、グループ会社の運営するホテルの中華がホテルの建て替えの期間限定で仮住まいしていました。建て替えも終わり、その店がホテルに帰った後に!満を持して開店したのが「中国名菜 陳麻婆豆腐」さんです (株式会社F・B・Dファンサイト応援中)

1

この赤、目立ちますねホテルニューオータニ方面から歩いてきたのですが、青山通りを渡る辺りでお店が目に付いたので迷わずに歩道橋を上って最短距離で到着しました。(寒かったのでね~

2店内は、シックモダンオトナの赤坂って感じですね~、素敵です

その落ち着いたダイニングで、現地の味をなるべく忠実に守っているという本格四川料理を提供する「陳麻婆豆腐」さんらしいインテリアを発見です

3お花かと思いきや、唐辛子ですよ~専門家のデザインというだけあってさりげないでも面白いアイディアですね

これを説明してくれたのは、スタッフの方…お願いしてワンショット

4たまたま、早い時間に到着したのでキョロキョロしていたらとても丁寧にいろいろとお話してくださいました凄い流暢な日本語皆さん中国の方ですが、オーダーも質問も日本語でまったく問題なし!安心ですよ

おっ、写真の左端に納まったのは「あの」絵だわ…ネットでの予習で見かけた麻婆豆腐の生みの親のお婆さんです。

20_2なんでも、麻婆豆腐は、19世紀中頃、四川省成都市で陳という顔にあばた(麻子)があるお婆さんが作った豆腐料理なのだとか…よく見ると、確かに頬にプツプツが描かれています

なるほど、陳さんの麻婆豆腐を受け継いだお店なのですね…きっと本格的に辛~いのが?と想像しただけで唾液が

「中国名菜」などと刻まれた金のプレートには、この店が伝統があるお店で、そして名誉のある賞を受賞したことを示しているのだとか。これも、流暢な日本語で女性のスタッフの方が説明してくれました

21_2店名にも掲げている麻婆豆腐は、四川の花山椒の痺れる辛味、唐辛子の焼けるような辛味、そして豆板醤の香り、などの風味が渾然一体となった旨みが特徴と誇らしげに語っている姿にますます期待が高まります

これはせっかくなので、がっちり食べて行こうとコースを選択、もちろん麻婆豆腐は別にオーダーです

5_3 がっちりでも安心なように、ドリンクは黒烏龍茶ってわけでもなかったんですけどね。あまりの寒さに心が折れたというツレが車で来ていたのでアルコールでないものを選択したのでした

食べる気満々の私たちの前に…来ました!まずは前菜2品

成都では、とてもポピュラーな食べ物だという「郭夫妻の成都名小吃」と、「本場四川省のバンバンジー」、いずれもメニューには唐辛子マークが2つ付いています

出だしから、でも辛いものは苦手じゃないっ!来るなら来い!

6

いきなりっ…喰らっちゃいましたバンバンジーを食べるとホッとするくらい、「郭夫妻の成都名小吃」は…辛~い

ハチノスと牛肉のラー油和えのようなものですが、パンチが効いてるとかいう言葉では足りないくらいにガツンと来ますただし…辛いだけではなくて旨みがあるなので、クセになるのですよ。辛い~、でも食べたい~みたいな、ね

すでにこの時点で額にうっすら汗がなぜ辛い物を食べると生え際から汗が出るんでしょうね、不思議ですよね~

7黒烏龍茶、ツレはお代りですなんといっても、次のフカヒレスープ以外には全て唐辛子マークが付いていますからね!

運ばれてきたお代りのグラスに「これで臨戦態勢は整った」と、また食べる気満々です!後を引く辛さ~、早く来ないかしら?なんて思っている私がいたりします

8スープの優しい味とコリっとしたふかひれの食感に心和むひと時…そして、いよいよメインの「芝エビのトウガラシ炒め」、さらに麻婆豆腐がやってきます

芝エビは唐辛子マーク1つ、麻婆豆腐は覚悟をして迎えるとして…って、あれ?芝エビのお皿にも…なんだか手強そうなのが見えますよ~

9

写真の手前のお皿右上ですっ!見えます?

10これこれっ!と、唐辛子しかも…かなり…でかっ!大丈夫かしらと、思ったんですけど案外これが辛くありません。スマートに全体を引き締めている感じでしょうか、前菜の辛さもどこか整っていてバランス感覚がありましたしね。

エビとふくろ茸、銀杏、クワイ、そしてピーナッツの食感がアクセント唐辛子の種の粒々は見えますが、むしろマイルド

ツレの黒烏龍茶は結局減らずじまいでしたでも油断は禁物…いよいよ真打、麻婆豆腐をいただきます

13

きゃ~これは見るからにアレでソレ添えられている花胡椒はお好みで…とのこと、なんでもこの胡椒による痺れには日本人はまだまだ慣れていないので、量を調整できるようにと言う配慮なのだそうです。

そう言われたら、本場並みにガツンと聞かせて食べたくなるもの…いっちゃいますよ~

12

確かに、効かせる前と後では全く風味が違います。胡椒による痺れというのを実感です辛さと痺れのバランスが肝心とのこと…なるほど~、本場ではどのくらい掛けているのか、俄然成都あたりに行ってみたくなりましたね

痺れは置いておいて…辛さは本当にバランスがいいツレはご飯にも乗せずにレンゲでパクパク食べています。私は…美味しいですが~、やっぱり額に汗辛いのは苦手じゃないし、この辛さは旨いのですが、汗はかきますね

さて、お次は「鐘さんの水餃子」です

14

唐辛子マークはひとつ、これは辛いというよりスパイシーな感じ。八角的なエスニックな香りの甘辛いソースでした。ジュワっと肉汁餃子好きな私なのでこれはあっという間に完食です

締めは「本場四川省の担担麺」、ここでまた唐辛子マークが2つに

15

ひとり前に盛り分けてきてくれるので、ちょっと可愛らしいサイズでもピリリと効くものは効いていますよ

16いい感じに茹であがった麺に、たっぷりとツユを絡めていただきますこれも、マークの割にはマイルド美味しくいただける辛さです。

そして、これもハンサムな辛さ…うん、全体的にやられてしまう辛さではなく、旨さを教えてくれるバランスのいい辛さでした

それにしても、ツレの食べるスピードの速いことそんなに辛いの好きだったっけ?というか、このスピードが、旨さを物語っているのでしょうね

17

デザートの杏仁豆腐で、口の中をひんやりさっぱりとリセット…ちょっと硬めな食感がほてった舌を冷ましてくれます

とろ~り柔らかなのもいいけれど、この食事の後には適度な固さかも…さすが計算し尽くされていますね

18あまりにも食べるスピードが速かった私たち、食後はジャスミン茶でまったりです

いい香り~、ツレは中国茶のなかではコレがマイベストなのだそうです。私も好きだなぁ、特にゆったりしたい時には癒しの香りです

19たっぷりの茶葉に、たっぷりのお湯それを飲み干してしまった私たちもう何も入りません~、というくらいにお腹いっぱいです

そのくせ、目はお会計のレジでこんなものに注目

自慢の麻婆豆腐をご家庭で?!レトルトパックが売っていました大連の友達のところに行った時に、気に入って食べていたあのお酢も付いている~23

これは…欲しいかも…豆腐はイソフラボンを気にし出して最近意識して摂取しているのでこんなのがあったら便利に使えそう

22 ちゃんと作り方が箱の裏に日本語で書かれているのもベリーグッドスタッフの皆さんの流暢な日本語だけでなく、こんなところにも私たちが安心できる気配りがありました

なんだかんだと、長居してしまいました。さっくり食べ終わった割には、お茶からくつろぎモードに入っちゃいましたね

落ち着いた雰囲気のお蔭かな?駅からも近いのでオトナの会食にも良さそうです。次のお店も赤坂には色々ありますしね

ご馳走様でした~

« 2011年2月 | トップページ | 2011年4月 »

2021年11月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
無料ブログはココログ