ヤマキ

メガロス

  • ">

旨いもの探検隊

  • ">

和雑貨 中川政七商店

  • ">

カレコ

日経

  • ">

47CLUB

ミナワリ

  • ">ミナワリ

肉まん

  • ">

ゼリー

  • ">

ジュンク堂

  • ">

スーパー

  • ">

チーズ

  • ">

最近のトラックバック

« タルトで電気を考える、そして嬉しい知らせ | トップページ | 大震災以後の、パン生活 »

鳥取美味〇選25 “どんこ”

鳥取の美味をお伝えするシリーズ、残念ですがいよいよ最終回です。

大トリを飾るのは、菌興椎茸協同組合さんの「どんこ」です(社)日本フードアナリスト協会ファンサイト応援中

16_2

シリーズの8回目でご紹介した「しいたけっこ」と「しいたけこんぶっこ」も菌興椎茸協同組合さんの商品でした。

椎茸の効用その他については、その回で詳しく(?)ご紹介しているので、ご参照ください。

今回の乾ししいたけは、原木栽培されており、品種は肉厚の「菌興115号」です。最大の特徴は歯ごたえ…プリッとした食感も含めて味わいたい乾ししいたけです。

とても厚い身です。これをチャーハンの具として微塵切りにしてしまうのはもったいないなすぎますね。やっぱり煮物、もしくはお吸い物で食べたいですね。お祝いやお別れの季節、ハレの日の食卓に乗せられるちょっと贅沢なしいたけです。

母は、贈り物としてよくしいたけを利用します。保存がきくし、便利に使えるから、というのがその理由です。このしいたけなら、より一層送った先にも喜んでもらえそうですね。

と、言うことで、長く続いたこのシリーズは一旦おしまいです。鳥取県に行ってみたくなった方、是非本場でいろいろな味に出合ってきて下さいね。

鳥取県はなかなか…でも、食のみやこ鳥取プラザには行ってみたくなった方、1階で「どんこ」を買ったら、「ブログを見た」と言いましょう。先着50名様に「どんこ」を戻すのにも使える「サントリー奥大山の水(500ml)」1本をプレゼントです(食のみやこ鳥取プラザについてはこちら

« タルトで電気を考える、そして嬉しい知らせ | トップページ | 大震災以後の、パン生活 »

お薦め品」カテゴリの記事

コメント

原木からもぎたての椎茸を、炭火で焙り、汁のジュウジュウと出る奴を、あちいと言いながら、かじる充実感は、代えがたい物があります。「どんこ」と言うパワーと、原木から採れたと言うのが、良いですね。期待出来そう。

なにやら、行ったらもらえるお水が貴重になってきましたね。

しいたけを戻すのに、本当に必要になってきてしまいました?!

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 鳥取美味〇選25 “どんこ”:

« タルトで電気を考える、そして嬉しい知らせ | トップページ | 大震災以後の、パン生活 »

2021年11月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
無料ブログはココログ