ヤマキ

メガロス

  • ">

旨いもの探検隊

  • ">

和雑貨 中川政七商店

  • ">

カレコ

日経

  • ">

47CLUB

ミナワリ

  • ">ミナワリ

肉まん

  • ">

ゼリー

  • ">

ジュンク堂

  • ">

スーパー

  • ">

チーズ

  • ">

最近のトラックバック

« 大地震の中、パンを想う | トップページ | アナタの心に、潤いを(マカロン@ドミニク・サブロン) »

あたたかい家族の食卓を、願う(@三輪亭)

地震から、1週間経ちました。余震が続き、計画停電で通勤に苦労する日々…昨日はまた特別に寒くて夕方は電力消費量が増えるのではないかということで電車が減るということで急きょ早帰り!疲労は積もります。

でも、楽しかったことを思い出して、少しずつ通常モードに戻して参りましょう。元気出さないと、ですよね。

まず最初の思い出話は、半月ほど前のこと。

久しぶりに三輪亭さんに行ってきたのは、先月末でした。初めて訪問したのは、3年前…かな?某食通の会の会長がうなったという噂を聞きつけて、飛んで行ったのを覚えています。

17

世田谷の閑静な住宅街にあるオシャレなレストラン、なのに店内には子供用の椅子が?!

18こういうところは「中学生以下のお子様お断り」的なところも多いのに…実はこれが店主のこだわり。

イタリアとスイスの国境にあるチロル地方は麦も育たない貧しい土地柄、昔からありもので工夫しておいしい料理を作るという伝統があったのだそうです。子供たちに、美味しいものを食べさせてあげたいという母心、ですね。

スパイス交易の道中に当たるため、香辛料は手に入りやすいということもあって、保存性を高めた肉加工品などが食卓に上ることが多かったそうですよ。

19食べるものだけを、紹介するのではなく、その土地にその料理が根付いた心も一緒に持ってきたのが三輪亭さんなのです。なので、ここは家族が集うレストラン。お子様メニューもある、世田谷の家族のダイニングなのです。

110_2平日の19時くらいに訪れていた時は、それほど感じませんでしたが、前回は日曜日の17時半の開店と同時の予約…どのテーブルもお子様連れ、そして18時にはほぼ満席でした。日曜日の夜ごはん、そして子供と一緒は、この時間帯ですよね。

おばあちゃんも一緒の三世代家族もあり、賑やかでした。

オーダーしたのは、チロルの名物料理が満載のチロルコース。ホットワインに始まり、前菜盛り合わせ、そしてパンとリエットが続々登場しました。

辺りを見回すと、このコースのオーダーが多いようです。この店に来たからには絶対食べて帰らないと…というお料理がバランスよく出てくるので、店のまわし者ではございませんが、オススメなのです。

111

チーズの盛り合わせ

手前奥の黒いのがワカメを巻いて作るミワチーズ、店主の結婚を記念して創られたものなのだそうですよ。

113

奥のグラスに入っているのは、唐辛子のジャム甘辛い感じ?チーズとパンと一緒にいただきました。

112

シャルキトリー系の盛り合わせ、鹿などこの季節ならではのものも乗っていました。

114

チーズフォンデュ、野菜は愛知県の農場から直送、鮮度が違います。

115

パスタ2種…スパゲッティに慣れた日本人にはパスタという感じがしないかもしれないほど、1品目のパスタは、まるでムースのようでした。

116_2

2種目は、手でちぎったようなパスタ…女子には嬉しい「少量多種」

117

なんと、メインも2皿 ひと皿目は、羊のロースト羊の肉団子、グリル野菜もたっぷりです

118

肉団子と言っても、中身は挽肉ではないのです、ボリューム満点です。

そして、ふた皿目は…

119

自家製サルシッシャ、つまりソーセージ。熱々の鉄製フライパンで供されました。

最後のデザートは、お誕生月の私達へのメッセージつきで…

120

代表して、私がメイク・ア・ウィッシュで吹き消させていただきました。地震が来ることが分かっていれば…来ないようにと願ったのにね。

121 帰り道に3度目の正直で、初めて認識した駅前の招き猫…いつからあったのかしら?

また来てね、と言ってくれているようでしたが…「帰れるのかな」とヒヤヒヤする日々が終わらないことには、難しいかな。贅沢な望み、と、思いつつ…また、行くからね。

とにかく家族で食卓を囲みたい、と願っている人もいることでしょう。今日もそれが出来ることに、感謝。そして…

三輪亭の亭主が提供したいと願う、「家族の食卓」。1日も早く皆さまが、それぞれの席につくことが出来ますように。

« 大地震の中、パンを想う | トップページ | アナタの心に、潤いを(マカロン@ドミニク・サブロン) »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

食べ歩き」カテゴリの記事

コメント

28号の言うとおりですね、比較的被害の少ない私たちが、被災者の事を思いながら
出来るだけ平穏な生活を送る事が、被害を受けた方の支援につながると、僕も思います

豪徳寺の三輪亭は 日本でも珍しいチロル料理の店、店長の三輪シェフは、熱血漢
賑やかな場所に店を出せば、確実に儲かるのに、あえて地元の皆さんの役に立ちたいと
この住宅地の中に あえて店を構えたそうです。

料理も チロルの郷土料理、お団子型のパスタ カルネデツルリなど 珍しいものや
ジビエ、ハムやチーズなどの 香辛料をふんだんに使った料理を美味しく食べさせてくれます

停電の影響で、レストランへの客足が遠のいています、レストランには、経営危機に陥る
ところも、照明や、暖房を考えても、外食は省エネにもつながります、
少し、勇気を出して、家族で レストランにも 行ってみませんか

tajimak2さん、私も地震以来、交通手段の確保に必死で外食はしていません。

仰るとおり、仕入れや調理のためのガスや電気、みんながまとめてご飯を食べられる
外食はエネルギー節減のひとつの手段になるかもしれませんね。

私の最寄り駅のそばにあるイタリアンでは、計画停電の時間帯以外は営業を続けて
いきますとHPで謳っています。まず、そこへ、行ってみようかしら…。

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: あたたかい家族の食卓を、願う(@三輪亭):

« 大地震の中、パンを想う | トップページ | アナタの心に、潤いを(マカロン@ドミニク・サブロン) »

2021年11月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
無料ブログはココログ