ヤマキ

メガロス

  • ">

旨いもの探検隊

  • ">

和雑貨 中川政七商店

  • ">

カレコ

日経

  • ">

47CLUB

ミナワリ

  • ">ミナワリ

肉まん

  • ">

ゼリー

  • ">

ジュンク堂

  • ">

スーパー

  • ">

チーズ

  • ">

最近のトラックバック

« 岡崎パン屋巡り6@ぐーちょきPane  | トップページ | 岡崎パン屋巡り番外編1@稲垣腸詰店 »

岡崎パン屋巡り7@DASENKA

県下では有名な店、とディナーで合流するパン友Sさんもおすすめの「DASENKA(ダーシェンカ)」さんへ

31

こちらの店の始まりは、そもそも御主人が体調を崩したことからだとか…食べて安心なもの、安全なものを提供することをモットーとしています。

32窯もお手製の石窯から始まりました、いまでは既製の大型のものを使っていますが、店舗とパン教室棟の間にある東屋には小さな石窯が残されています。

33愛知県民ではない私でもお店の名前にどこか聞きおぼえがあったのは、御主人が職人さんとしてだけではなく、経営者としての才覚も秀でていらっしゃるからだとか…県内でも数箇所に出店していらっしゃるそうです。

それにしても…ここも、また、とってもとってもメルヘンチック

34 大きくなると、度合いも高まった気がしますね。お子さんとか行きたがるんだろうな~、と思って店内を見回すと、どうやらお子様向けと思われる商品も充実しています。

季節のイチゴや桜を使ったもの、目を引きますね。また、桜と豆のパンを買ってしまった

35_2商品名が「流木」というのも素敵ですね。桜の塩漬けと甘い小豆の煮豆が練り込まれています。最初に行った「プース」さんとはまたちょっと趣が異なる桜のパンです

36豆乳のパン、全粒粉のパン、発芽玄米のパン、ベーグルなど健康志向のラインナップも充実。

37試食もたくさん出ていたので確かめて買うことが出来るのも嬉しい

結局「カンパーニュ」「」「豆乳パン」「玄米パン」の4点を選択。菓子パン中心に買い求める方、食パンやハード系の食事パンを買う方、商品が幅広いので訪れるお客さんの目的もそれぞれ違うという感じでしたね。

39お店と工房をつなぐ通路のようなところは、オープンスペースとなっていて、買ったパンを食べることが出来ます

こういう場所って貴重ですね、お子さん連れには特に評判いいだろうなぁ。後は私のような食いしん坊、焼き立て買ったらすぐに食べたいもの

残る1軒は豊橋です。しばし、ドライブ…友よ、ひっぱりまわしてごめんよ

« 岡崎パン屋巡り6@ぐーちょきPane  | トップページ | 岡崎パン屋巡り番外編1@稲垣腸詰店 »

中部」カテゴリの記事

コメント

ダーシェンカ 誰かの名前かなと思って調べてみたら パン好きな犬の名前でした。
規模と言い 種類の多さと言い 広島の アンデルセンと 似たものがありますね

色々な種類のパン、原料のパンに トライしている感じは 好感が持てます
そのうち 名古屋地区以外でも 見られるように なるかもしれません

tajimak2さん、こちらはいろいろなところで期間限定出店などもされているとか、いないとか。

広々として、開放感のあるお店でした。

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 岡崎パン屋巡り7@DASENKA:

« 岡崎パン屋巡り6@ぐーちょきPane  | トップページ | 岡崎パン屋巡り番外編1@稲垣腸詰店 »

2021年11月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
無料ブログはココログ