ヤマキ

メガロス

  • ">

旨いもの探検隊

  • ">

和雑貨 中川政七商店

  • ">

カレコ

日経

  • ">

47CLUB

ミナワリ

  • ">ミナワリ

肉まん

  • ">

ゼリー

  • ">

ジュンク堂

  • ">

スーパー

  • ">

チーズ

  • ">

最近のトラックバック

« 健康パスタ、とは@パストディオ | トップページ | 「ツボった」エンターテイメントレストラン2@NINJA AKASAKA »

「ツボった」エンターテイメントレストラン1@NINJA AKASAKA

先月の地震から、1ヵ月が過ぎました。ようやく納豆も手に入るようになった今日この頃…あの日に一緒にお仕事することになっていた「む」さんと赤坂の忍者屋敷に潜入してきました!

なんちゃって~(あ…歳がバレる)、正確には「NINJA AKASAKA」なるエンターテイメントレストランに行ってきましたあるといいな!のレストランファンサイト応援中

1誰と行ったらココが一番楽しめるか?を考えたら絶対「む」さんとっても美人だけどノリがいい彼女となら…と見込んでお誘いし、120%楽しんできました

って、楽しむ前に…若干迷っちゃったんですけどね

入り口は、赤坂東急プラザの外からになります。なのですが、こういうビルの中のレストランは一旦ビルの中に入ってから…という造りが多いので、なんとなく入ってしまったんですよね

改めて外に出て見つけた入り口…地味、小さっ!え?って感じですが、なんとなくオドロオドロしいようなそんな雰囲気も出てますね~

この狭い入り口を入ると、中は薄暗~いのです。ぼんやりと正面にいわゆる受付に当るようなところがあるのが見えます。そしてそこに忍者の装束の女性が!

「ようこそ、姫方!」と迎えられ、「え?姫?私?」などと戸惑う間もなく、「仲間の忍者がお席まで御案内申し上げまする」(最後の「る」が肝心)と、彼女がやーっと掛け声をかけるとぼわわわ~んと行燈を持った「仲間の忍者」が登場

上って、下って、橋が壊れているところを忍法で直して、そして岩風の壁で仕切られた個室が並ぶダイニングに入って行きます。

2もうこの時点で「む」は「ツボにはまった~、楽しい~」と盛り上がりまくり

席に座ると、今度はまた別の「忍者」が登場。コースでお願いしてあるお料理を運んでくれるいわゆる「席の係り」のおにーさんです。

名前は「ショウ」さん、「忍者だけに翔ぶの『翔さん』ですか?」とたずねると、「いや、拙者は奨学金のショウです」と季節感も漂うウィットに富んだお返事が…ナ~イス

オーダーをする時はテーブルに「隠しボタン」があるとか、ないとか…ありましたよ。結構必死で探しちゃいました、もしかして「冗談でござる」と来るのでは?なんて勘ぐったりしてね~

無事ボタンを見つけて、飲み物をオーダーすると、程なく1品目が運ばれてきました。…いきなり、やられた~

4

確かに、メニューには「手裏剣グリッシーニ」と書いてありましたよ。でもねー、こういう盛り付けで来るところまでは想像できなかったんですよ …やるな、オヌシ

6

「む」、超ウケまくり。もちろん私も…テンションあがってきましたよ~

5 こうなると、次のお料理がちょっとおとなしく見えたほど。続いたのは伊勢海老の身が入った冷奴風のムース。

ただ…ショさんの「上に掛かっておりますのは、鰹節に見えて実は○○、そしてあおいネギに見えるのは…」と振っておいて、「ネギでござる」という説明がナ~イスその2

7

次のサザエも爆笑!完全にキッチンで調理済みなのに、導火線みたいなものに火を付けて「ただいまからお作りいたしまする」ときたもんだ

ぼわ~っと走る炎を見る「む」の上気した表情がもう、それを見ているだけで私もおかしい

いいわ、ここ

8天婦羅は正統派…揚げたもの自体は、正統派に旬のたけのこや、タラの芽、といったもの。ただし!天つゆに仕掛けがありました~

なんと泡立ててあるのです、そしてショウさんが一言「あまり油断されると、ただの天つゆに戻ってしまいまする」。はいはい~、早々にいただきますよ

試しにちょっと様子を見ていたら、確かに泡が液体に戻って行きます。(当り前か…)面白いこと考えますねぇ、泡立て天つゆなんて初めてです。実は「む」とは料理教室繋がり。助手仲間(彼女はその筆頭だったので仲間だなんておこがましいのですが)として先生のお手伝いで顔を合わせているうちに仲良しさんになったのでした。

しみじみ「季節の天ぷらがあった時は大変だったねー」なんて思い出話をしていたのですが、「これ(天つゆ泡立て)やらされてたら大変だったね~」なんて…いやいや、さすがにそれはないか

9_3と、話し込んでいると…今度は本当にテーブルクッキングものらしいですよ

和風ブイヤベースとメニューには書いてあるのですが…具材がシーフードじゃなくて豚肉?もしや忍術で化ける?な、ワケはなく、豆乳しゃぶしゃぶみたいなものですね。

12300度に熱したという石で野菜やお肉を煮るのです。へぇ~、これはウケるほうの面白いではなく、料理する者としてマジで面白い!と「む」の顔つきが変わります。

そのまま終わるわけもなくオチは付いてましたけどね煮上がった鍋の具材を食べやすいように調理ばさみで切りながら「忍法チョキチョキでござる…ま、普通に切っているだけでござるが」とのショウさんのつぶやきが、ナイ~ス3

いやいや~、料理は中盤に差し掛かったばかりでまだこれからなんですが、とにかくツボにはまりまくり「む」も「超楽しいね~」の連発です。

後で知ったのですが、もうこのレストラン10年くらいはここで営業しているんですって。知らなかった~!あの麻婆豆腐屋さんをはじめ、赤坂東急プラザには来ていたはずなのに

認識できてよかった、これは楽しい。後半はまた明日!

« 健康パスタ、とは@パストディオ | トップページ | 「ツボった」エンターテイメントレストラン2@NINJA AKASAKA »

食べ歩き」カテゴリの記事

コメント

NINJA AKASAKA 10年近く前に、神戸あたりから、様々なパターンの
面白レストランが、流行った事がありました。僕が神戸で行ったのは、教会風でした。

他に、お寺風、忍者風が、あると聞きましたが、まさか、赤坂で、それも10年
生き残っているとは、NINJA 恐るべし、楽しまれたようで、良かったですね。

いやいや~、楽しませていただきましたよ。
後半もお楽しみに?!

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「ツボった」エンターテイメントレストラン1@NINJA AKASAKA:

« 健康パスタ、とは@パストディオ | トップページ | 「ツボった」エンターテイメントレストラン2@NINJA AKASAKA »

2021年11月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
無料ブログはココログ