ヤマキ

メガロス

  • ">

旨いもの探検隊

  • ">

和雑貨 中川政七商店

  • ">

カレコ

日経

  • ">

47CLUB

ミナワリ

  • ">ミナワリ

肉まん

  • ">

ゼリー

  • ">

ジュンク堂

  • ">

スーパー

  • ">

チーズ

  • ">

最近のトラックバック

« 食べられないお菓子@Bon Coeurと、はらドーナツ | トップページ | 輝く台所で、あの方とご対面?@燦廚(さんぐりあ) »

江戸のecoなお弁当@楠公レストハウス

丸の内の「国民公園」、つまり皇居外堀の内側にあるあの広い芝生の空間のことですが…お天気のいい日はとっても気持ちがいいところですね~

もっとも、この季節は日影がなくてとっても過酷な場所かもしれませぬが

その一角に、いらっしゃるのがこちらの楠木正成公

1_4

室町時代の軍記物語『太平記』には、正成について「智・仁・勇の三徳を備え、命をかけて善道を守るは古より今に至るまで正成ほどの者は未だいない」と記された、楠木正成。後醍醐天皇のために最後まで尽くした忠臣として、皇居に銅像が建てられています。

智・仁・勇、の三徳ですよ、三徳なかなか…いませんよね、やるべきことを、やれる人。信じた道を、歩める人。人間は、弱いものですから…もちろん、私もここに来ると、気が引き締まる気がすします。今度くじけたらここに来ることにしよう!

などと、まずはしみじみ楠公さまを拝み、向かった先は「楠公レストハウス

2_33_3

あまりにも、横に幅広く写真の収まりが悪かったので、入り口だけアップにしてみました。

観光バスなども立ち寄り、団体客が食事を取れる広いスペースになっているんですねここに来た目的は、江戸時代の料理を再現した、「江戸エコ行楽重」。江戸の、というか…地場の食材を利用して、調理法のみならず調味料も江戸時代のものにこだわって江戸の料理を再現して盛りこんであるのだとか。これは、食べに行かずにはいられません

4前日までの要予約、前日が土曜・日曜・祝日の場合は、その前の日に電話してくださいね(回し者か?)

ダイニングスペースの一角が、個人客のコーナーになっていて、そこでは野菜などにこだわりを持ったバイキングが開催されています。

5 お弁当はそのコーナーで一緒にいただきます。バイキングのお料理は当然食べられませんが、バイキングの方と一緒にドリンクバーはいただけます

暑かったからか、ツレは温冷ともにガブガブ飲んでました~

ま、そんな話は置いておいて…肝心のお弁当ですね。

お二人で、同時に二人分持ってきて下さいましたよ。13時の予約だったからかしら?さすがに忙しい時間はこうはいきませんよね

67

豪華、3段重全部ふたを開けたところが、下の写真です

ご飯は、春と夏は蛸ご飯で、秋冬はサツマイモご飯になるのだとか…旬の食材を利用するところから、エコは始まっているのですね。

写真左上の初重には、芝エビの天ぷら(江戸風衣揚げ)、元祖天ぷら(京阪風すり身の揚げ物)、魚のすずめ焼き、とりまんじゅう、五色田楽(梅・白味噌・青菜・ウニ・黒ゴマ)、かすてらたまご。

天ぷらの衣は、しっかり味が付いていて、天つゆや塩は必要ありません。ファーストフードだった江戸での天ぷらって、ピャッとあげてチャッと食べられるようになっていたのね

10大きな写真の右上は、二の重。煮物、蒟蒻の煎りだし、おぼろ大根、蒸し羊羹、こおり豆腐、当座漬け、が詰められています

煮物のにんじん、見て下さい皮付きです。

こおり豆腐は、氷が貴重だった江戸時代に豆腐を使って涼しさを味わってもらおうという工夫から生まれたお料理。透明な寒天の中に、お豆腐が寄せられています

9おぼろ大根とは…モチモチした食感のおもちのようなお料理です。なんでも、このお料理は「大根一式料理秘密箱」という1785年に出された料理本のレシピで作られているそうですよ

こればかりではなく、どのお料理も全て1700~1850年、つまり江戸時代の料理本のレシピで作られています。1603年が江戸幕府が成立した年で、1867年が大政奉還ですからね(あら、学術的な記述が

この蒸し羊羹も 「古今名物御前菓子秘伝抄」という1718年の本に基づいて作られています。

8

ほっくりとした食感の、柔らかい甘さの羊羹です癒される~

白いものは、インゲン豆です。秋冬は栗に変わるそうですよ栗?あら、大変。これはまた行かなくちゃ

蒟蒻が以外にピリッとしていたので、いい感じに下を休ませてくれました。

彩りも良く、いろいろな味が楽しめ、様々な調理法のものが食べられ、まさに5味5色5法を取り入れた楽しみのあるお重でした珍しいものもいただけて、大満足!ツレは…バイキングのデザートを指をくわえて見ておりましたが

江戸の昔は、「旬のものを必要なだけ」買い、「無駄なく手際よく」調理し、「手順を考え少ない水で」片付けをしていたのだとか…み、耳が痛い見習わなくては、いけませんね。

たまには、楠公の像を見て、こんなお弁当を食べて、わが身を振り返ってみるのもオツなもの…

« 食べられないお菓子@Bon Coeurと、はらドーナツ | トップページ | 輝く台所で、あの方とご対面?@燦廚(さんぐりあ) »

食べ歩き」カテゴリの記事

お薦め品」カテゴリの記事

コメント

>室町時代の軍記物語『太平記』には、正成について「智・仁・勇の三徳を備え、
 命をかけて善道を守るは古より今に至るまで正成ほどの者は未だいない」
 と記された、楠木正成。

本当かなあ(・∀・)ニヤニヤ 多分に作られた気もしますが、実態は 河内のおっちゃん
義理堅く 窮地の南朝方を 助け、足利をゲリラ戦で 悩ましたのは 事実のようです

江戸時代は エコの時代と言うのは事実、江戸野菜を色々入れた弁当は嬉しいな
天ぷら、蕎麦、寿司は 当時のファーストフードでしたから ☆☆☆は、付きませんでした

tajimak2さん、ダメですよ。子供の夢を壊しちゃ…小学校の社会科見学では少なくとも
楠木「公」と紹介されるのですから。おっちゃん呼ばわりでは小学生の読者の皆様から
(いるのか?)抗議が来て炎上しますよなんてね~

面白いお弁当でしたよ~、機会があったら是非(回し者か?)

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 江戸のecoなお弁当@楠公レストハウス:

« 食べられないお菓子@Bon Coeurと、はらドーナツ | トップページ | 輝く台所で、あの方とご対面?@燦廚(さんぐりあ) »

2021年11月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
無料ブログはココログ