ヤマキ

メガロス

  • ">

旨いもの探検隊

  • ">

和雑貨 中川政七商店

  • ">

カレコ

日経

  • ">

47CLUB

ミナワリ

  • ">ミナワリ

肉まん

  • ">

ゼリー

  • ">

ジュンク堂

  • ">

スーパー

  • ">

チーズ

  • ">

最近のトラックバック

« 中華で祝った、本卦還り@潮夢来 | トップページ | ナガノベーカリーとオーバカナルで来生たかお »

パイと大福と煎餅と…

え~っと、甘いものも好きです(今更か?)、暑くても寒くても、特に形状は変わらないものを、食べてます。え~い、分かりにくいっ!要するに、夏だからゼリー、アイス系という訳でもなく、冬だからチョコレートというワケでもないということです

ガリガリ君も、夏冬問わず食べてますしねぇ

なので、暑くても食べてま~すまずはアップルパイ

1_2

上野のエキュートでゲット、でも…古い記憶をたどると有楽町のクリスピークレームの辺りでも見てるな、この店

mammies an sourire(マミーズ アン スリール)」という名前でしたが…もらったショップカードには「手造りパイのマミーズ」と、そうだ!この店、谷中あたりをブラブラした時に見た!

ちなみに、上の写真の右がアップルパイで…

2_2

左がバナナパイ

3_2

どちらも、すごい具だくさん宵越しのりんごやバナナは持たねぇ主義かい?いよっ、江戸っ子だねぇ

リンゴなんか、食べにくいくらいのゴロゴロぶりですよ、参った!ってーか、気に入った甘さは控えめ、自然なリンゴの甘味という感じなので罪悪感も少なめです(何の

4_2「本郷三丁目に岡埜榮泉(おかのえいせん)が出来ました、豆大福は好きですか?」とのメールに即レスで「豆が好きなので、嫌いなはずがない食べ物です」と答えたのは、そう遠くない過去だったはず

好きですね~、大福以前勤務先に実家が原宿という方がいらした時には、その方がご実家に行く度にリクエストして瑞穂の大福買ってきてもらってましたからね~

11で、朝ごはん抜きで行って、朝大福。朝カレーならぬ、朝大福。懐かしいなぁ(遠い目…)

なんて、昔話でごまかしきれないですね。すみません、多少暴力的に買ってきていただきましたありがとうございます~

ずっしりした重み、素敵だわ~赤えんどうのブチブチもたまりません、このなかに私の大好きなアンコが詰まっているのね~

齧りかけをこんなに大写しで…失礼

12

もちもち求肥に、た~っぷりの丹波ささやま産の丹波大納言のみを使用しているというこだわり餡子その豆のナニやらソレやらは存じ上げません、ただただこの餡子が私を幸せにしてくれることだけ、ものすごく良く分かります~

上品な餡子ですよねぇ、やっぱりこれが伝統の重みというものなのでしょうね。そしてこの求肥のしっかりした食感もストライクど真ん中フガッとしたのはダメなんですよ~、餡子がはみ出るくらいむんぎゅっとしたのが好みです

HPを拝見したら、なんと3日も掛けて炊き上げるとか、いい豆だけ選別しているとか…すごいですね、美味しくないワケがないですね。私が大福を好きでないワケがないのと同じくらい

8_2そして、最後は「黒豆香」という名前のお煎餅

どうりで雅なお菓子だと思った、京都の寛永堂とい

うお菓子屋さんのものでした

「これも、豆だったから」なんて、控えめな紹介しないで下さいよコレめちゃめちゃ豆感があって美味です 

16いい塩梅、とはこのこと…という感じで、塩がいい仕事してるんです(っていうのか?)

煎餅自体の色が黒みがかっているのは、竹炭入りだから。食べるとほっとするのは、炭の安神効果でしょうかね

水分取られるはずなんですが~モノともせずにいただいておりますガッチリ食べて、元気に過ごさないと

ご馳走様でした~

« 中華で祝った、本卦還り@潮夢来 | トップページ | ナガノベーカリーとオーバカナルで来生たかお »

スイーツ」カテゴリの記事

コメント

エキュート 楽しんでいますね、
まだ、それほど探検したわけではありませんが

上野界隈の 小さいけれど 特徴のある店が 
入っているのが 面白いですね

和菓子は 餡が全てと言っていいくらいですから 
岡埜榮泉 まずいわけがありません

目立ちませんが 根岸の竹隆庵
岡埜 本店の「こごめ大福」お勧めです

tajimak2さん、竹隆庵…気になりますね。

岡埜榮泉 、豆大福美味しいですよね。本店は早い時間に行かないと売り切れてしまうほどだとか。豆の入り方がちょうどいいですよね。私の職場は赤坂見附なので、青野・松月・あけぼのと3軒でよく買っておやつにしています。

らいにゅんさん、お久しぶりです!

赤坂見附ですか~、青野の赤坂もちも好きです

幼少の折は、あんこはあまり好きじゃなかったんですよね。肉まんとあんまんなら
絶対に肉まんで、大福とシュークリームなら絶対にシュークリームでした。

いまなら??…両方だな

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: パイと大福と煎餅と…:

« 中華で祝った、本卦還り@潮夢来 | トップページ | ナガノベーカリーとオーバカナルで来生たかお »

2021年11月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
無料ブログはココログ