ヤマキ

メガロス

  • ">

旨いもの探検隊

  • ">

和雑貨 中川政七商店

  • ">

カレコ

日経

  • ">

47CLUB

ミナワリ

  • ">ミナワリ

肉まん

  • ">

ゼリー

  • ">

ジュンク堂

  • ">

スーパー

  • ">

チーズ

  • ">

最近のトラックバック

« 乳白色の憎い奴?settima ORAL TREATMENT | トップページ | 日本のパン、フランスのパン、ドイツのパン »

がっちりイタリアン@Fu-ku(s) 食堂

以前、あまり整然とした街並みでもない、というよりは…アレでソレな雰囲気の一角に、きらりと光る料理を食べさせるイタリアンがあり、気に入ってなんどか訪れました

その後、その前を通りかかると…あれれ?違うお店に変わってるえ~、あんなに美味しかったのに??と思っていたら…なんと、同じ街なのですが、若干小奇麗な位置関係に移転していました。しかも、以前よりすこしグレードアップして

1

名前も「takiba Fu-ku(s)」から、「Fu-ku(s) 食堂」に変更グレードアップは、お店の広さばかりではなく、お店で食べるお料理の数とか、ボリュームとか、多岐に渡っていましたよ~

相変わらずなのは、居心地の良さかな。ここに行くといつも長居してしまっていたんですよね、ってーか、長居になりそうな人としか行ってなかったかな

2お店の前には、金魚の蚊取り線香いいわ~、懐かしいわよね(共感できない人…いますよね歳がまたバレた?)最近じゃこんな洒落た蚊取り線香のナニがあるんですねぇ、ケースじゃなくて、お皿じゃなくて…なんて言うの??ま、いっか。

3前回のHATAKE AOYAMAに引き続き、ツレからは「遅れます、先に一杯飲んでいて下さい」とのメールが…しょうがないわねぇって、なんで上から目線なんだろお待ち申し上げておりますよぉ~

とかなんとか言いながら、お先にまずはお通し。あ~、懐かしい。前の店でもこれで出てきた~

燻製チーズ、人参はピクルスです。食欲が~、掻き立てられる~コレが原因かどうかは、若干疑問ですけどね

黒板メニューの蒸し野菜、ワサビのドレッシング的なアレでソレ(正確な名前を失念)

4

そんなに、辛くはないです。ほんのりワサビ風味?みたいな感じですね。ボリューム満点だ~、前の時はここまでではなかったような??いよっ、店長太っ腹!

5

「アボカドとネギトロの豆腐カナッペ」、お豆腐にアボカドとネギトロの乗った醤油風味の食べモノでした。分かりやすいなぁ

分厚い~、アボカドが一魂に一緒に行くツレには無理だな…半分を1/4にした大きさですね、もうアボカド感いっぱいです。森のバターというだけあって、とろ~りあまりにもアボカドの存在感があり過ぎて豆腐が見えないだけでなく、食べた感もないですな

67

前のお店の時からの超オキニメニュー、「白レバーのムースパテ」やっぱりうま~い、VIRONのよりも、どこのよりも好きですね~

後味爽やか、舌触りさらり、食べやすい。進む~、バゲットおかわりっ

8

「タコの和ノベーゼマリネ」、バジルならぬ大葉のソースがまた涼やかでございます。このソースも残せない~、バゲットおかわりっ

9あら?想像と違ったわ、というのが「トリッパの煮込み ボローニャ風」…ボローニャとジェノバの2つの風味が選択できたのですが、もうひとつのジェノバにすれば良かったのかな?でも、トリッパはいつもトマト煮込みだったので、クリーム煮込みは他では食べたことがなかったことだし…ヨシとしますか

メイン前の、パスタ。気分はイタリア~ンですなイタリア人はまだ国が貧しかった頃に、メインの肉をたくさん食べなくて済むように腹膨らましのためにパスタを食べたとか、そうでないとか…。な~るほど、確かにお腹は膨れたでしょうねぇ蕎麦はそばから腹が減るというように、一時しのぎではあったかもしれませんが…って、私限定

10

「キノコとツナのトマトソースパスタ」、酸味が爽やか~軽い、とは言わないか食べやすい。ツルッといただけちゃいますね。これが濃厚なソースだと次はきつかったかもしれませんね~

11

メインは、「鶏のグリル スキャリオンオイル醤油ソース」。万能葱のペーストを使ったソースが独特です葱好きなので、好みですが、嫌いな人も青臭さがないので「え~、これが?」って感じで美味しくいただけると思いますよ~。ちょっと濃い目、お酒がすすむお味です

珍しくおデザ抜きでした。ツレは黒板に書かれたグラスワインを上から下へと制覇してご満悦次回は四川と約束をして帰途についたのでした

美味しかったですね、ご馳走様でした~

« 乳白色の憎い奴?settima ORAL TREATMENT | トップページ | 日本のパン、フランスのパン、ドイツのパン »

食べ歩き」カテゴリの記事

コメント

うーむ、イタリアンと言うよりは トラットリア、レストランと言うよりは、食堂
「一魂」と 同じように、外観や、雰囲気よりも 内容重視、味重視の 28号好み
庶民的な イタリア食堂と言った感じの 料理の ラインナップですね

ワサビとか、豆腐とか、大葉とか 和の風味も 漂っています
となると、量的にも かなりのものなのでしょう

それでも 値段は リーゾナブルなのだろうと 思います
地元に親しまれる 気軽な 、「Fu-ku(s) 食堂」(v^ー゜)ヤッタネ!!

tajimak2さん、レバーペースト最高です!←なぜか、ハイテンション

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: がっちりイタリアン@Fu-ku(s) 食堂:

« 乳白色の憎い奴?settima ORAL TREATMENT | トップページ | 日本のパン、フランスのパン、ドイツのパン »

2021年11月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
無料ブログはココログ