ヤマキ

メガロス

  • ">

旨いもの探検隊

  • ">

和雑貨 中川政七商店

  • ">

カレコ

日経

  • ">

47CLUB

ミナワリ

  • ">ミナワリ

肉まん

  • ">

ゼリー

  • ">

ジュンク堂

  • ">

スーパー

  • ">

チーズ

  • ">

最近のトラックバック

« お久し振りのオキニクリームパン@ひょうたんカフェ | トップページ | これぞ、ビストロ!の満足感@BONHOMIE »

初訪問で、あの感動再び@Pain aux fous

先日、Iさんに買ってきてもらった「Pain aux fous…とろけるブリオッシュにザクザククロワッサンがとても素晴らしかったので、早速ですが再訪して参りました。

37Iさんから、「分かりにくいですよぉ~」とは聞いていたものの…う~ん、確かに

ホントに(いや、疑っていたワケでは…)すっぽりビルの中なんですよね、なので通りからは全く分からないのです。

この、看板が目印

38住友不動産高輪パークタワーというビルの中に、導かれるままに入ってしまって下さい。

ビルのエントランスを入ると真っ正面にあるのが「Pain aux fous」なんです。ガラス張りの向こうにレンガの貼ってある石窯があります

まぁ、なんとオシャレな都会のパン屋さんでしょう

インパクトありますね~、売り場じゃなくてまず窯が見えるというこの配置。

39

左脇を通り抜けて、売り場があります。

40

訪問時間はほぼ19時、閉店は19時半なのでギリギリですでも、がっちり電話で予約済みなので余裕

残念ながら、お店にはもう数的にはあまり商品が残っていなかったのですが…なんと、丁度良いことに1個ずついろいろなものが残っていたのでたくさんのパンが見られました

41不思議な事に、到着の少し前に名古屋のパン友Rから「Pain aux fousって知ってますか?どうですか?」とメールが…え~?もしかして隠しカメラ

な、ワケはなく…たまたまこの2日後に彼女は東京でセミナーがあったらしいのです。で、ついでに寄れるところはないかと探していたさいちゅうだったとか。出掛ける時は、忘れずに…類友だわ

私も驚いたけれど、「今から行くところ」と返信返ってきたのも、驚いたかしら~

42とりあえず、行ってみないと大した返信もできない!と急ぎます

予約品を持ってきて下さった方に、実は先日知り合いにコレとアレを買ってきてもらって…と、お話しすると「あ、あの方ですよね」とIさんのことを覚えていらっしゃいました。

もしや…山ほどパンを抱えていたのが原因か?あの日はかなり頑張ってまわってもらってしまったから~

43この日は、この後でこちらのバゲットが食べられるビストロに行く予定だったので、それ以外のものをオーダー。

自分の分の他に、一緒に食事をするツレへのお土産としても購入したのがこちらのパヴェ。

「石畳」を意味する商品名から、もっと小さなものを想像していたのですが…かなり…でかっ

パリの石畳は、きっとこんな大きさなのでしょうか。なにぶん、ヨーロッパ方面に行ったことがないもので~

44生チョコなんかでもよく「パヴェ」と名の付くものがありますよね、そんなイメージで小さいものを想像していたんですよ。いやいや知らないって怖いなぁ

セーグルも、まだ店頭にもありました。これはハーフで頼んだので、全景をパチリ

写真は、お願いしたら撮らせていただけますお客さんも、それほどいない時間帯だったので上に載せた店内の写真もバッチリだったのです。

他のものは、すでにお店からは消えていたみたいです。ちなみに、これらがこの日のお買いもの

65

貝みたいなクープが入ってるのは、パンコンプレ。全粒粉のパンです

66つやっとした表面に刻まれた、美しいクープごつごつしたナチュラルな仕上がりのセーグルと比較すると、とっても都会的です。

中身は全粒粉100%ですから粉をまるごと使っているのでどちらかというと田舎的(って言うのか?)、このギャップが面白いですね~

前日の残りの生地を冷蔵庫に保存しておき、これを種として次のパンを仕込む時に用いるパート・フェルメンテ法という製法で作られているのだそうです。

69発酵時間を短縮できるため、現在フランスでは主流だとかそうでないとか…(あら、ちょっと専門的な記述が

どちらかというと食べ専なので、これ以上製法についての記述は控えますが…とにかく香ばしい、パンですね~

玄米感覚で和風のものと合わせて、とHPには記載されているのですが…そのままで充分に…なのでうっかり…次回合わせてみますね

セーグルは、包丁にねっとりと付いてくるくらいにしっとりで、むっちり肉加工品系が、合いそうでした

今回のヒレは2品…

芸術的なクープの、パヴェ

67

ぴらっと上に反っている部分の、華麗なこと…食べてしまうのがもったいない~中はほんのり、クリーム色で気泡がボッコボコです

70

あ~、リベイクしたくないこの気泡の輝き艶々~、素晴らしい!

もうひとつのヒレが「パン ドゥ ミ」、平日バージョンのリッチな方です。ほろほろ~っと噛むともなく崩れ来るような、ものすごく繊細なクラムです

68

Iさん情報によると、週末限定で国産の全粒粉を使用したバージョンのものを焼くのだとか…それも食べたい~

ちなみに、平日版はフランス産の小麦を使用しています。食べ比べてみるのも面白いかもしれませんね。

いや~、やっぱりお見事。すぐにパン友Rにはメールで報告「いろいろ予約した」と返信が来たけれど、彼女は何を買ったのかしら?また9月にお世話になることをどさくさにまぎれてお願いしてしまった、その時に教えてね~

今回も大満足、ご馳走様でした~

« お久し振りのオキニクリームパン@ひょうたんカフェ | トップページ | これぞ、ビストロ!の満足感@BONHOMIE »

東京23区」カテゴリの記事

コメント

素敵な パン屋さんですね、いかにも高級
品ぞろえと言い 品質といい 申し分なし

でも 僕は 下町で 1人で頑張っている
店の方が 肌に合うようです。

tajimak2さん、パヴェのクープはいま冷凍庫の中でハバきかせてます
スペース効率的には…アレでソレかも

食パンはすぐに食べきってしまいました、都会的なパンの中ではかなり好きな
もののひとつです。

田舎的なナニガシも…ちょっといいのを、見つけましたのでまた後日ご報告します

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 初訪問で、あの感動再び@Pain aux fous:

« お久し振りのオキニクリームパン@ひょうたんカフェ | トップページ | これぞ、ビストロ!の満足感@BONHOMIE »

2021年11月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
無料ブログはココログ