ヤマキ

メガロス

  • ">

旨いもの探検隊

  • ">

和雑貨 中川政七商店

  • ">

カレコ

日経

  • ">

47CLUB

ミナワリ

  • ">ミナワリ

肉まん

  • ">

ゼリー

  • ">

ジュンク堂

  • ">

スーパー

  • ">

チーズ

  • ">

最近のトラックバック

« 豊橋パン屋巡り、再び2@Pão・de・Açúcar | トップページ | 鮮魚にぎょぎょっ!@田はら »

豊橋パン屋巡り、再び3@La Moisson

さてさて、「Pão・de・Açúcar」さんを出て再び駅方面へ…駅への途中に3軒目の「La Moisson(ラ・ムワソン)」があるのです

そして…「La Moissonの目の前が「山猫軒」です

1

う~ん、目の前にあの怪しげなお店があるとは思えない愛らしい店構えですね(山猫のご主人、失礼!)赤いひさしに木製の壁、お店の前に置かれた黒板も、いい感じです

写真左半分が工房で、店舗的には右半分といったこじんまりしたお店です。ご主人がひとりで全部やっています。

2

今回電話予約は1点のみ、このカンパーニュをホールでお願いし、Mさんに半分差し上げようと思って2つに分けておいていただきました

3豆好きとしては、気になって手に取ってしまった「あんフランス」(147円)、フランス生地の艶めくクラストもいいわ~

こうしたハード系は向かって左の棚に、右側上には食パン、中段以下には菓子パンや惣菜パンなど20~30種はありました。

どれもすごく美味しそうだったのですが…実はカンパーニュがとても重たかったのです普段なら嬉しい重みなのですが、今回は雨が降りそうだったのでキャリーバッグでもないし肩に重みがダイレクトにかかってくることになるので…涙をのんで断念

厳選、2点

4

カンパーニュの、詰まり具合が…そして、香りが…

6がっしりと逞しい厚手のクラム、真ん中のクープもしっかり開いています

クラムは、みっちりで、もっちりむっちりで、むにゅっ

5日本語って面白いですね~、世界中でこれだけの擬態語・擬音語というものがある言語というのはないとか…某さんが言っていましたが、ホントでしょうか?確かに、英語でsizzleはジュワーッと焼ける様子を表してはいるけれど、ジュワーッという音そのものを表してはいませんよね

ま、なににせよ、そんな感じだったんです

酸味はあまり感じません、香りも、酸っぱいというよりはクラムの香ばしさの方が立ちますね。なににでも、合わせやすいタイプかもしれません。どっしりと食べ応えがあるので1cmになど切ってしまうと後が大変です(←なぜ分かる?それは…

7

あんこも自家製、「とろっとした」と「しっかりした」の丁度中間のような絶妙な練り具合今度はフツーのあんパンも食べてみたいな(いつ?)

前回に引き続き、豊橋…オヌシなかなかやるな楽しませていただきました~

路面電車や、徒歩で、車では通り過ぎていた景色も楽しめて、美味しさ2倍のパン屋巡りでした

« 豊橋パン屋巡り、再び2@Pão・de・Açúcar | トップページ | 鮮魚にぎょぎょっ!@田はら »

中部」カテゴリの記事

コメント

豊橋パン屋巡り ご苦労様、楽しく拝読させていただきました。
気付くのは、パン屋が多い事 パンの種類が多い事 
地元に パン文化が 定着しているのかもしれません

蕎麦文化と、饂飩文化の 境にも近いし、味噌、醤油、酒、酢等
発酵食品に 縁の深い土地柄であるかも知れません
トヨタに働く 外国人労働者の影響も考えられ
将来 楽しみな 地域だと 思われます

それにしても このカンパーニュ 美味しそうですね
焦げ具合と言い クラムと言い 田舎パンそのものですヽ(´▽`)/

tajimak2さん、このカンパーニュはかなりアレでソレです
Mさんの感想を聞くのが楽しみです

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 豊橋パン屋巡り、再び3@La Moisson:

« 豊橋パン屋巡り、再び2@Pão・de・Açúcar | トップページ | 鮮魚にぎょぎょっ!@田はら »

2021年11月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
無料ブログはココログ