ヤマキ


  •  

メガロス


  •  


旨いもの探検隊


和雑貨 中川政七商店


カレコ

日経


47CLUB

ミナワリ

肉まん


ゼリー


ジュンク堂


スーパー


チーズ


最近のトラックバック

« カウンターフレンチの醍醐味は…@QUAND L'APPETIT VA TOUT VA! | トップページ | 58回目に気になるニュース!@グリル&パスタ 一魂 »

天使と、フォアグラ@Aile Blanche

東京タワー、のぼったことありますか?エレベータではなく、階段でfoot

21_2ひょんなことから…そんな羽目に、いやいや運びになりましてねぇsweat02えっちら、おっちら、行って参りましたwobbly

ご存知でしたでしょうか、大展望台の料金はエレベータ乗車料金ではなく、その空間に足を踏み入れるための料金だということをdollar

2_2階段でのぼるのなら、タダだとばっかり思っていたのでなんだか損した感…えぇ、庶民ですが、何か問題でも?な~んだ、そういうことだったんですね~down

ま、途中クイズなんか出されながら600段ほどの階段旅行shoe結構楽しくのぼらせていただいたので別にいいですけどね~(恨みがましいsweat02

クイズは高さに関する問題でした、ピラミッドとウルトラマンとお台場の観覧車と…あと、なんだったかな?そんなモノたちの高さに達したところで看板が出てくるようになっていましたよ。

思ったより、辛くはなかったので、機会がありましたら是非…のぼり終わると、証明書もいただけますbell

22_2

てな、苦行の後に向かったのが「Aile Blanche (エル・ブランシュ)」、“ちょっとした幸運”でゲットしたフォアグラディナーでございますよhappy01

31ペンシルビルの中のお店、ビルの他の階には系列店も多いみたいですrestaurant

今度は階段ではなく、エレベータで5階へup降りると扉なくお店の中に入るような形になっています。

こじんまりとした店内、カジュアルとフォーマルの中間くらいな位置づけでしょうかcloverそう言えば、ドレスコードもなかったので…。

食事が始まる前に、食材を見せて下さいます。お目当てのフォアグラnote

32

お~っ、これは高さがありますねsweat01どうなの?これを全部食べたらどうなっちゃうの?って不安になるくらい迫力bearing

33メインの鴨には、「別料金ですが、キャビアを「たっぷりお掛けしますが、いかがいたしましょう?」と言われ…うっかりお願いしてしまいましたよon 

こういうの見せられると…ねぇ。弱いわ~coldsweats01

今回はアルコール抜き、お水をお願いしてお食事開始ですrestaurant

アミューズは「紅芯大根をつかったブランマンジュ」、キラキラと赤いジュレが輝き、キャビアも乗っていますshine

34

キャビア、トリュフ、フォアグラ、これで三大珍味全てがこのディナーで味わえたことになりますな…good

続く前菜は、「黒アワビとオマール海老のテリーヌ」crownかなり、高級食材が続きますねcoldsweats02

35

透明なのは、トマトのジュレheart01ミニトマトを甘~く煮たものと、かぼちゃのペースト、それにうぐいす菜という野菜が添えられています。

36うぐいす菜がえらく、主張しているように見えるお皿ですが、主役はなんといっても鮑やオマール海老さんのテリーヌでござりまするよ。なんとも、贅沢な一皿…present

パンは、1つ目は自家製の丸パン、2つ目は近所のpointage(ポワンタージュ)さんのバゲットでしたbread

バゲットはもちろんですが…この丸パンが…やはり自家製だけあって、お料理にぴったりですねwink

そして!温前菜として「天使のフォアグラ」、登場~heart

37
周りはカリッと、中はとろ~っと、天にも昇る気分にさせてくれるからこの名前になったのでしょう、と納得させられてしまう逸品でございましたbell

シェリービネガーのソース、苺のソテーも相性ばっちりgood体組成的にはかなりいけない方向性に向かったかもしれませんが、悔いなし!

38
フォアグラでかなり満足してしまうのですがcoldsweats01お食事的には、これからですよ~on

で、魚料理は「甘鯛ポワレ」、またまたエスプーマだわsweat01ちなみにこちらはオレンジの泡でした。あまり、オレンジ感がなかったですが…レモンのあの泡の時はツレがあまりの酸っぱさに吹き出したくらいのレモン感がありましたが、オレンジでは若干難しいのかもしれませんね~typhoon

カリカリの焼き目にふんわり柔らかな身を、クリームソースが包み込みますconfident

さてさて、メインはシャラン産の鴨胸肉note

39310 
上段がトリュフバージョン、下段が普通盛りです。

シャラン産の鴨については、シェフにかなりこだわりがあるそうで、ブログでも紹介されています。シャラン地方のビュルゴーという一族 がアレでソレとメートルの方が教えて下さいましたが、詳しいうんちくはブログをご参照くださいませ。

311ちなみに、「シャラン鴨」と「シャラン産鴨」には違いがあるとか、ないとか…ま、この辺りは別の方のブログにお任せしましょうかcatface今回のメインはフォアグラだったものでね、失礼!

蜂蜜とスパイスを加えた甘味のあるソース、根セロリの淡白なペースト、シャテーヌ栗を砕いたもの、鴨を引き立てる名脇役達も、いい味出してますok

デザート1品目は苺のムース、上はキャラメリゼされてカリカリです。ツレのひとりが「割れないsweat01」と四苦八苦しながら食べていたのが印象的happy01

ほろにがカラメルがアクセント、これはこれで美味しくいただいたのですが…次を考えたらゼリー的な方向性の方が嬉しかったかな~cake

それにしても、2品目のデザート、綺麗ですribbon

312_2 
タルトタタン、と説明を受けたのですが…あれ?真ん中はチーズケーキ風味のアイスのドーム、それに無花果とチョコレートのソース、バラのジェリーの上品な一皿notes

313りんごはアイスの中央付近から生まれてきましたよ、なるほど~eye

なかなか手の込んだデザートなのですが、私にとってこのお皿で存在感が一番大きかったのは…薔薇の香りだったかな~coldsweats01

314やはり嗅覚が一番ダイレクトに脳に伝わるのね、と実感ですtulip

最後はフィナンシェとトリュフ、それにハーブティーで終了end

う~ん、「天使のフォアグラ」と言う愛らしいネーミングにもかかわらず、ヤツがかなりズシンと来ましたねwobbly

これからもう一回くらい東京タワー上ってもいいくらいのお腹に仕上がりましたよdash(こんな感想でいいのか?これだけのディナーを食べてcoldsweats01

なにはともあれ、ご馳走様でした~paper神様、“ちょっとした幸運”をありがとうございましたkissmark

« カウンターフレンチの醍醐味は…@QUAND L'APPETIT VA TOUT VA! | トップページ | 58回目に気になるニュース!@グリル&パスタ 一魂 »

食べ歩き」カテゴリの記事

コメント

庶民には手が届かないような食材の数々・・・。芸術ですね~。これなら、階段で上っても悔いなし、ですね。(でも、私は無理かも。)
“ちょっとした幸運”とは謙虚なお名前。「天使のフォアグラ」ですか~。「天使のババロア」なら知っていますけど・・・。こんな素敵なお料理にこんな感想ですみません。

ゆきんこさん、私もこんな素敵なお料理にろくでもない感想書いてますのでcoldsweats01

天使のババロアも、きっと天にも昇る気持ちになれるスイーツなのでしょうねheart

フォアグラ、トリュフ、キャビア、オマール海老、鴨の胸肉

素材を生かす調理、これに合わせるワインと、相応しい会話

全て考えると、ちょうど、東京タワーほどのコストに成ります(笑)

事前に、登頂したくなる気持、良くわかります。

tajimak2さん、展望台までの階段もなかなかでしたが、それ以上に4階までのお土産売り場で見たグッズの数々がアレでソレでしたsweat01

一番覚えているのは「東京バナナ」のストラップ付き。13箱に1箱は金色だとか…ってことは、銀のぶどうが金のバナナ…掴まれたhappy02

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1034657/43558995

この記事へのトラックバック一覧です: 天使と、フォアグラ@Aile Blanche :

« カウンターフレンチの醍醐味は…@QUAND L'APPETIT VA TOUT VA! | トップページ | 58回目に気になるニュース!@グリル&パスタ 一魂 »

2015年5月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ